アキラ AKIRAの作品情報・感想・評価・動画配信

アキラ AKIRA1988年製作の映画)

上映日:1988年07月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「アキラ AKIRA」に投稿された感想・評価

4Kリマスター版IMAXにて鑑賞。
扇情的な劇伴と無音のコントラストにしびれた。
あらためてこんなとんでもない作品が32年前に作られた事実に驚く。
アニメ映画作品、不動の人生ベスト。
Loki

Lokiの感想・評価

4.0
昔のアニメーションとは思えない細かさ。凄いカッコイイ。あとバイクが印象的
むー

むーの感想・評価

4.3
面白かったー!!!
これは映画館で観て正解。
TwitterでAKIRAが大好きな方をちらほら見かけいて、いつかみたいと思ってたけどラッキー!
バイク乗りたくなった(原付しか持ってない)
映画好きとしてはチェックしておくべき作品「AKIRA」を初鑑賞。

恥ずかしながら原作も読んでいないので、金田と鉄雄が別人であり、アキラでもないという基本情報も映画を観ることで解消されたぐらいの知識量。

途中までアキラは「概念」なのかと思っていたが、しっかり「実体」として存在するものであったことは理解出来た。

音楽も独創的だった。
SZissie

SZissieの感想・評価

5.0
ホント最高だな。コミック読みたくなるけど、この映像は今見ても未来感じる。
ちき

ちきの感想・評価

3.5
なるほど!後の色んな作品に影響を与えた映画なのだとよく分かる!
ストーリーは正直納得感が薄く、「?」って感じですが、映像の唯一無二ぶりは一見の価値あり!うーん…金田の赤いバイクかっこいいぜ…!
kita

kitaの感想・評価

-
途中でリタイヤしてしまった
み

みの感想・評価

-
映像カッコよすぎる。
金田クールで寡黙なキャラだと思ってたら全然そんなことなかった。
混沌としてるけど嫌にならない、どのキャラも強烈。鉄雄…………

私にはむずかしかった笑
漫画読んでみたい
まほ

まほの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

こんな映画が88年に作られているなんて。
っていうのが率直な衝撃でした。
映画は見てもアニメーションには手を出して来なかったけれど、見て良かったと心から思う。
カニエ・ウェストやスピルバーグ監督、ナルトの著書岸本斉史も賞賛してるらしいこの作品を見て、自分の心も動いたことに幸運を感じる。
とりあえずやっぱりもう1回、レディ・プレイヤー1を見たい。それでこの映画は大友克洋の漫画を読んで、また見たい。
こういう影響を、与えられる日本であってほしい。すごく日本的でありながら、2020年の私が観ると非常に世界を意識する映画でした。

印象的だったこと
・作中でオリンピックが2020年に開催予定(反対ムード)
・やっぱりNARUTO的な要素を感じた(今読んでるから特に)
・女の子が美少女じゃなくてリアル(皆ショートカットなのはなぜ?)
・音楽がすごい(ダン〜ッダン〜ッ ラッセーラーラッセーラー等と超日本語で頭に入ってくる)
・老人顔で声と体つきは子供のタカシ、キヨコ、マサル。マモーを思い出した。
・2019年の作中で繰り返される「ネオ東京」の呼称。目の前の現実を生活する中では、「どこがネオ?」なんて思うけど、「現代」を生き続ける限り今この瞬間がいつだってネオなのだな、、と思う。
・アクション、爆発、グロテスク、作画がすごい。素人にとってはすごいとしか言えない。


書き留めだしたらキリがなかった、、。
>|