アキラ AKIRAの作品情報・感想・評価・動画配信

アキラ AKIRA1988年製作の映画)

上映日:1988年07月16日

製作国:

上映時間:124分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「アキラ AKIRA」に投稿された感想・評価

まじかっけぇ
ずっとニヤニヤしながらこの世界観に浸ってた。多分中学生とかでこれみてたら別の人間になってるんだろうなー。この映画の良さがわからないわって人は「ピーキーすぎてお前にゃ無理だよ!」なんだろうな

流れで見たからか、ジャパニメーション×ブレードランナーのサイバーパンクって感じ。携帯が出てこないのも珍しいよなー。
kiro

kiroの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

SFアニメ映画の代表で、その世界観は唯一無二。

近未来建造物、メカニックデザイン、ファッションなど、当時の最先端を描写していた気がする。また超能力ものが流行っていた時代でもあった。

個人的には、主題のアキラはどうでもよく、キーのキャラもシワシワの老人ばかりで、正直共感はしづらい。

金田ぁぁ!、鉄雄ぉぉぉ!!の二人の葛藤をメインに進む。

話は超能力でなんでもありな展開で、最後は宇宙になってしまうという意味不明な感じもある。

ただ、その宇宙感を連想する音楽と映像美は、観る者を否応なしにその世界観に引き込ませる。

また、あの映画はここに影響を受けたんだなと思うシーンもたくさんあり、そういう意味での名作と言える。

やはり、メインは鉄雄の超能力のカッコ良さだと思う。格ゲーのKOFにもパクられるくらいの良さである。中2にはたまらない。

私のSFものの基本概念は今作や、手塚治虫、藤子不二雄などのこの時代の作品であり、多感な年齢にこれらに触れられたのは幸運であったと思う。

このレビューはネタバレを含みます

小さいときに見てトラウマになって「アキラ」を見るのが抵抗があったけど、改めて見たら面白かった。

金田のバイクがとにかくカッケェ❗

テツオ恐すぎた。

金田とテツオのバトルがカッコ良く、テツオが「金田ーー!」と言って、金田が「さんをつけろよデコ助野郎」と言うのがカッケェ❗

そして、映像が画期的で凄かった。

人がグチャグチャになったりして、血が出るのがグロかったけど、内容はとても面白かった❗

まだ理解できてないところも多かったから理解して、もっと面白いと思いたい。
鉄郎って名前の友達がいなくてよかった。デコッパチ
げ

げの感想・評価

4.0
健康優良不良少年がなかったな
てるみ

てるみの感想・評価

3.7
ハマる人はすごいハマるけど自分はそこまで。でもなんか日本のカルチャーってこういうイメージがあるよな〜とか思う。
ネオンの感じ
hue

hueの感想・評価

3.2
金田がかっこいいことしか覚えてない
アル中

アル中の感想・評価

2.5
金田ァア
>|