天使の涙の作品情報・感想・評価

「天使の涙」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

3.5
私には少し、王家衛作品は難しいのかもしれない。
でも、また観てみたい。

パイナップルも食べたい(笑)
芋羊甘

芋羊甘の感想・評価

3.4
11.6
目で追うのが疲れる。
でも撮り方とか今、観ても斬新や
r

rの感想・評価

3.7

香港の夜は 退廃的で 渇いていて..
何処か 脂っぽくも 人懐こさを感じる
_
雑多で 怪しげな 繁華街の街並 に殺し屋
電光掲示板 に 照らされる 気怠い連中
雨水 に マンホール と 窮屈な想い
空いたHEINEKEN に 咥え煙草
朝のこない 街 で 夜中 トンネルの中を
颯爽と駆け抜ける 単車は まるで
"夜光虫"のように 美しく 唾を飲み込んだ
_
魚眼レンズの撮影 と 香港の色使い
市場 で 豚がごろんごろん 並べられた姿 に
鑑賞後 も 夢見心地な 気分になる
マクド の 場面すら お洒落 で 参った
ウォン・カーウァイの作品は
いちいち 雰囲気が お洒落 で 痺れる
_
"毎日 大勢と すれ違う
その誰かと もしかして親友に"
_
とにかく金城武 と 管理人の父が◎
聾唖者の金城武の癖の強さ
言う事は聞かないし 設定も謎すぎ
賞味期限切れのパインを食べたせいで
聾唖者になるって..笑
瓜を押売りして 豚にマッサージする
民間人に暴力を振りまくり 脅し
ソフトクリーム を 笑顔で頬張る
肉工場での銃撃戦 カメラに飛ぶ血飛沫
食堂での大乱闘 に 少し遅い初恋..
こんな 最低な雨の日も夜も 悪くないて思える
もはや脚本のルールというものを信じていないような。
安定したものを信じられない彼の人間性を映画の構成がそのまま伝えていた。
構成に感情移入するなんて久々かもしれない

ただし、雑に見えながらも勘違いしちゃいけないのは、これは特殊な構成の1本の映画ではなく、2つのオムニバス映画だと言うこと

母性を得られずに育った彼の映画を見ながら、スクリーンを抱きしめたくなってしまった


フルーツチャンはメイドインホンコンで物凄く影響を受けてるし、この映画のおかげであの映画があったと思うと泣きそうになる。

金城武はカッコ良すぎて愛嬌もあり過ぎて、生まれ変わったらなってみたい

クリストファー・ドイルの撮影は最高です
Monny

Monnyの感想・評価

5.0
こういうお洒落だけど廃退的な作品大好き。
ストーリーもドライな感じで観ていて心地よかった。
とにかく映像が面白いしお洒落、そしてそこに加わるBGMの不協和音感で臨場感がものすごい。
ミシェル・リーは美しくて色っぽくて、それでいていい意味で死んだ目をしている。そんな姿で煙草ふかしてるなんて無敵。衣装もお洒落。
金城武は一目惚れする。
たけだ

たけだの感想・評価

4.5
映画館を出た時、目に入ったポスター、一面には端役の(金髪の)女の人が写っていて、それが、それで、最後のセリフは全ての人に当てはまる、というか、そういう救いが与えられているような気がした。
ogate

ogateの感想・評価

3.4
独特の撮影編集は好き。
登場人物を無理に絡ませすぎたかな
恋する惑星との二本立て上映にて

映画館で観てよかった、しかも恋する惑星のあとに観れたというのがすごくよかった、、
恋する惑星はウェットな感じ、なんか湿り気があったけどこの映画は乾いている、ドライな映画
この映画の金城武すごく好き、喋れない役どころなのもあって表情がすごく印象に残る。
モノクロの雨のシーン、恋ってこういうことだって思った。
キスシーン個人的にとても好きな感じだった。
思った以上に恋する惑星とリンクしてるところがあって楽しい、パインの缶詰とかmidnight expressとか 制作年の順で恋する惑星を先に観たほうがいい気がする
王家衛作品の電話してるシーンはどれを観ても好き

口から吐いた煙草の煙が視界に入るあの感じ

長い前髪と赤いリップ 火をつけたアイスクリーム 4桁の数字を入力するジュークボック
音楽がいい

そしてラスト、エンドロール ここで来るあたたかな感動
こうの

こうのの感想・評価

3.5
煙草が良い。アイスクリームに火をつけたい。
うえーんレオン・ライがかっこよすぎて秒でメロったし無理です
>|