ふじこ

愛を読むひとのふじこのネタバレレビュー・内容・結末

愛を読むひと(2008年製作の映画)
3.5

このレビューはネタバレを含みます

洋画ラブストーリーってムッズイなぁ

ハンナの表情が印象的なんだが、その意図を汲めない自分が憎い…

従来の悲恋ラブストーリー見てて、切ないポイントというと余命何年とか認知症しか知らなかったが、この作品は「自らの欠点(文盲)を知られたくない」という新たな設定で新鮮だった。

従来型は恋愛の障害が特殊な環境ばかりだったが、実は障害になるのはこの作品のような、個人の、ある種こだわりのような、譲れない価値観だったりする。

この作品も戦争の加害者という点では特殊環境だが、一番ネックになったのはハンナの気持ちであった所が好きだった。