ころぴ

デビルのころぴのレビュー・感想・評価

デビル(2011年製作の映画)
3.1
閉じ込められたエレベーターの中
誰が犯人かわからない
一人ずつ死んでいくたびに
疑心暗鬼になっていく
エレベーターからの脱出は不可能
関わる人達も犠牲に…

悪魔は過酷な裁判官?
ある意味いい奴(笑)

「悪魔がいるなら神様もいる」
心の持ち方で
人を救うこともできるし
自分も救われる
ってなことを
伝えたかったのかなぁ
 
7年前の作品のようですが
ストーリー展開テンポ良く
刑事さんの背景や対応が
なんか、いい!
面白かったです。