エターナル・サンシャインの作品情報・感想・評価

エターナル・サンシャイン2004年製作の映画)

ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「エターナル・サンシャイン」に投稿された感想・評価

Na

Naの感想・評価

3.5
眠い時に見ちゃったから半分以上記憶がない。
世界観がドリーミーで良かった気がするからもう一回見たい。
きさき

きさきの感想・評価

4.5
こんなに映画で泣いたのはじめて。
大切な人の記憶を消すことがどんなに辛いことか。記憶を消される中、二人が記憶の中を逃げ続ける姿も切ない。
辛い現実から逃げないで、お互いのダメなところも許し合えればいいのに。
‪てか感情移入が激しすぎて、ヒロインの発言や行動がいちいち胸に刺さる。相手に求めてしまうことすごくわかる。わかるよ。でもそんな相手もひっくるめて分かり合わなくちゃ、向き合わなくてはいけないんだよね。辛い現実から逃げてはダメだということを教わった。‬
結局運命の相手は何度でも出会ってしまうし、偽物は所詮偽物なんだなって。人の真似事をしてもそれは真実ではない感じた。大事なことは、自分がどうしたいかだから私も本能で生きる。
masahitoOK

masahitoOKの感想・評価

4.1
「恋は呪い」系映画の傑作。
繰り返される出会いのシーンに心を動かされる。
必然からは逃れられない。
95年製

95年製の感想・評価

3.4
ジムキャリーのコメディーじゃないやつ
ダサかっこいい
こぎ

こぎの感想・評価

3.5
記憶が混乱する
コメディなしのかっこいいジムキャリーが見れる
ann

annの感想・評価

4.4
衝動的にネガティブな判断すると後から後悔するのを実感する映画。
こういう大人同士だけど未熟なカップルを昔はいーじゃん楽しそうでと思ってたけど、20代半ばにもなると他人事ではなくなってキツいです
キャズ

キャズの感想・評価

4.0
この映画のジムキャリーかっこいい😍
ninjiro

ninjiroの感想・評価

4.5
それがやって来るきっかけが感知できれば或いは何かが変わったりするんだろうか。抗いようのない感情が、あれよあれよと見廻す隙もなく建て付けを完了して真夜中見知らぬ地図に釘付けで、真昼間には翼竜の舞うような野蛮な空を見上げている。記憶の奥に、いつかそんな風に一瞬に忙しく、後ろや前や、上空を見上げたことがあったような気がする。きっとそれは都度一生分の筋肉痛のような重みを与えてくれて、かといって何ら明確な教訓を残すこともなく、虹色の全部が混じり合ったぼんやりした色のシャッターを無理矢理に抉じ開けて一向に続く悪い夢に飛び込んで行くような明け方。
泥塗れになってしまった、そう感じた時にはもう取り返しがつかないものだろうか。半ば諦めているから何の藻掻きもない、それは歳を重ねるという事の一つの利点なのかも知れない。誰にでもそんな風にして笑うのかな、何か話さなきゃと思う、酔っ払った末の判断力の低下のせいにしたくない、自分でちゃんと分かってる、僕は相も変わらず見も知らない人にまでいい人に見られようと必死だ。変わらない、何も変わりやしないけど、ちょっとだけ煙草を吸いに外へ行っても構わない?どんなに取り返しのつかない傷つけあいをした後でも、もしあの無垢な笑顔でもう一度僕を見つめてくれたなら、きっと何を怒っていたのかを忘れるほど君のことを愛おしく思っただろう。でもそれは僕自身の抱える欠点を埋め合わせ出来るほどの愛ではないかも知れない。
Eternal sunshine of the spotless mind.
消したいけど忘れたくない記憶。‪愛が伝えられる事は意外と少ない。それが純粋であればある程に、他に伝えることが何もないから。だからいつだって自分で自分がとても退屈に思える。送ってきたこれまでの人生が空白だったように、自分の空白が君に共有されるのが怖い。目深に被った帽子、覆われた薄い耳。オレンジ色のその髪が僕の海を照らす。‬
‪気付かなければ良かった、冗談めかしてぞんざいに扱われていたこと。気付かれなければ良かった、うんざりして一人になりたいと思ったこと。自由に指定した過去に戻ってやり直せたなら、そう思ったことは一度や二度ではない。でもその先飽き飽きするほど一緒にいたら、きっとまたあの時と同じように繰り返すんだろう、知れば知るほど好きになる、どこかで聞いたことがあるそんな言葉は嘘っぱちの綺麗事だなんて苦笑いしながら、もしあの笑顔にまた会えるなら。地図に記すことが出来るのは過去しかない。どんなに奥深くに迷い込んでもいい、未来はいつも空白、夢ならば、もう二度と覚めないで。‬
Q太郎

Q太郎の感想・評価

3.9
予備知識全く無しで見たのですが、かえって良かった。

普通のラブストーリーかと思ったが途中から違う雰囲気に。時間軸がわかりにくい部分もあるが、髪の色を見ると何となくわかる。

途中で大体わかってくるが、わかったからこそ面白く感じた。周りの人達が邪魔くさく感じるが、それも終わってみると納得。記憶がなくなっても全て忘れることはない何かがある。主役の二人以外にも!

今見ると豪華キャスト。全員が主役を張れるぐらいでスゴイ。キルスティンダンスト若い、可愛い、エロい!イライジャウッドも超若い!

しかし、ジムキャリーはいい役者なのにアカデミーからは全く無視されてるのも・・・ケイトウィンスレットはノミネートされてるのに。報われない。
あやさ

あやさの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

すごいと思ったシーンの話。ジュエルのクレメンタインに関する記憶が消えてくのを周りの本の内容が消えてくので表現してるシーンが終盤にある。2人の演技だけ見てたら気づかなかった、、たまたま服がかわいいなと思って巻き戻して観て気づいたとこです。。
>|