エターナル・サンシャインの作品情報・感想・評価・動画配信

エターナル・サンシャイン2004年製作の映画)

Eternal Sunshine of the Spotless Mind

上映日:2005年03月19日

製作国:

上映時間:107分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「エターナル・サンシャイン」に投稿された感想・評価

aoaba

aoabaの感想・評価

-
記憶を消してもまた出逢えたらすきになるのかな〜
69shuji

69shujiの感想・評価

3.8
十数年ぶりに再鑑賞。
どんなに記憶から消そうとしても運命は決して2人を離れ離れにはしない。
ケイト・ウィンスレット演じるクレメンタインの奔放さとジム・キャリー演じるジョエルの優しさと孤独。記憶除去という手段はいささか安直ではあるが、色彩の鮮やかさと二人の演技がそれを補って余りある。
嘘臭さの全くない純愛映画。
呂丼

呂丼の感想・評価

3.6
"消したい思い出、消えない思い出"

ヒロインのクレメンタインと破局した
主人公のジョエルは恋の痛みから次の一歩を踏み出せずにいた。
彼女との思い出を消去するために
「記憶除去手術」を行うことにしたジョエルが、その記憶を遡っていく中で彼女との日々を思い出していくファンタジックなラブストーリー。

今まで出会ったことのないタイプのラブストーリーでとても良かった。
一見よくある設定の物語に思えるが、
やや複雑な時系列で描かれるストーリー展開及びサスペンス要素ある演出により他にはない唯一無二の物語となっている。
ジャケットポスターから予想される恋愛物語とは全く別のモノで良い意味で期待を裏切られた。

「記憶を消す」ことがキーワードで物語は進んでいく。
その過程で、逆説的にジョエルの「忘れられない思い出」が強調されていてその点もとても感動的であった。
ずっと胸にしまってある大事な思い出というものは誰にでもあるものだろう。
恋の喜びを経験したことがある人であれば共感できる部分が多い映画になってるんじゃないかと思う。

他にも、コメディチックな演技で有名なジム・キャリーがシリアスな演技で勝負していたりと、目新しい見所が多数。
「叶わぬ恋の思い出を消したい」という多くの人が抱いたことあるであろう願望を映像化した、創造性豊かな恋愛映画である。
yuta

yutaの感想・評価

5.0
この映画を観ようと思ったのは、アカデミー賞で最優秀脚本賞を獲得したのもあるし、『マルコビッチの穴』という映画の脚本家チャリー・カウフマンの作品だからです。
あまり詳しいことはネタバレしまうので割愛しますが、どこからが現実でどこからが回想なのか、どこが過去でどこが未来なのか混乱してしまいますが、ラストまで見ると、なるほど最初のシーンがわかってくるというこった作りで面白かったです。
ミシェル・コンドリー監督は、ビョークやストーンズ、ベックなどのPVを手がけていたそうで、面白い映像の作りが随所に見られました。あと、ケイト・ウィンスレットも難しい役どころを演じていて、巧さを感じました。
忘れても出会いたい
Hiver

Hiverの感想・評価

5.0
2005年4月14日レビュー
いやぁ~よくこんなラブストーリー思い付くなぁ・・。さすがっ~。途中話がややこしくてついていけなくなりそうだったけど、最後で一気に持ってかれたって感じ。帰り道思い返しては何度も泣きそうになった。キャスティングもすごい。男前のジム・キャリーもとっぽいキルステンDも素晴らしかったけど、なんと言ってもケイトWは最高にはまり役だったと思う。いつも難解なこの脚本家だけど今日は良かった。強いて言うなら日本での宣伝用の曲あれ要らんぞ。エンディングの曲は良かったのにぃ。


頭から離れずもう一度見に行ってしまった。
結末が分っていても楽しめるんだなぁ
ヒロインの髪色で時系列把握してた~
なかなか複雑に感じた。でも途中からもしや、、って気付くと心が暖かくなったな〜。

何度でも同じ人をすきになることってあるのかな
>|