タレンタイム〜優しい歌の作品情報・感想・評価・動画配信

「タレンタイム〜優しい歌」に投稿された感想・評価

菩薩

菩薩の感想・評価

5.0
2019.7.22 追記

無事2度目の鑑賞を終えたので最高点まで押し上げる。タレンタイムはヤスミン・アフマドにとっての「月」であり、彼女がそれ以前に生み出した5本の長編が少しづつだが手を取り合い、囲み、照らしているのだと言うことがよく分かった。ここに彼女の全てが詰まっている。彼女は神から授けられた使命を全て果たして、そうして(早過ぎるが)神に迎え入れたのだと思う。後はこの作品を受け取った自分達がどうその意思を継承していくかだ。宝以外の何物でも無い、彼女の存在と彼女が残した物たちは。



はっきり言って感動ポルノのような作品だと思う、ネタバレになるから書くまいが、なかなかの泣ける要素総動員で。本来ならばそんな作品は大嫌いだし「けっ…」と遠ざけてしまいがちなのだが…何故だろう…何故だか勝手に泣いていた…どころで無く鼻水まで出てた…。ストーリー的に凄い面白いというわけでも無い、オーキッドの様に魅力的なキャラが出てくるわけでも無い、なのに何故だか大号泣、ちと自分でも不思議な経験をした気がする。けどきっとこれは、自分が知っているけど抑え込んでいるあの感情で、懐かしさと温かさとそして優しさと、そんなものに押し出さて流れて来たものではないかと思う。言葉よりも想いが大事だって、こういざ好きな人を目の前にすると何も話せなくなるけど、でもまぁ話さなくても「好き」だって事は伝わってる気がするし、相手の気持ちもなんとなくだけど伝わってくるような気がして、結局はそんな空間がとても幸せな様な気がして、こんなのがずっと続けばいいのになぁなんて思ったりする。人間てのは人生にこなれてくるとやれ「恋とはなんだ…」とか「愛とはなんだ…」とか「付き合うってなんやねん…」とか思いがちだけど、最初はみんなそんなのは知らずに始まって、好きだから一緒にいて、まぁ結局そんなのは終わったりするんだけど、いつまでも忘れられない物として残っていったりする。知らぬからこそ打算も無く動けるし、思いの丈を伝えられるけど、知ってしまうとそうもいかない、動けないし伝えられない、でも幸せってのは本来なにも考えないうちに動いて、気づいたら手に入れてるものなんだと思う、と当たり前の事をつらつらと書きましたが、要するにこの作品はそんな「当たり前」の事を普通に描いてる作品で、だから自分も当たり前の様に感動して、当たり前の様に泣けたのかなって思う、そんな事実がなんだかちと嬉しい。これはきっと空族における『バンコクナイツ』の様な作品だから今はこの評価だけど、きっと彼女の作品を観通した後は、満月のように輝く作品になっている気がする、今はとりあえず14番目の月という事で。もちろん単体としてもこの瑞々しさはなかなかエグい、いい作品だと思う。にしてもつくづく和解のシーンに弱い…。
宗教・文化の違いに加えて、裕福だったり、貧しかったり、親が病気だったり、亡くなっていたりと、それぞれ境遇の違う者同士が思いやりを持って交わっていく温かいストーリーだった。
サブタイトルの『優しい歌』っていうのいいね👍
とまと

とまとの感想・評価

4.1
マレーシアの映画でヤスミン・アフマド監督作。
学校で特技を披露するような大会、タレンタイムが開かれる事になってそれにまつわる群像劇。

マレーシアって本当多民族国家なんだなあ〜と言う感想。
人種が違うだけじゃなくてそこに宗教の違いも絡んでくるから複雑。
自分の人生好きな様にすればいいけど周りの大事な人達にも賛成・応援・肯定してもらいたいと思ってしまうからなかなか難しいね。


タイトル通り、優しい映画だった。
ベタベタな優しさじゃなくてじんわりくる優しさ。
youkiddie

youkiddieの感想・評価

4.0
多民族国家ならではの解釈が興味深かったです。
めっちゃいい歌唄う、母親想いの彼が愛おしすぎました。
シットイン?の文化すごいなw
馬頭琴でのシットインとかステキすぎる。

タレンタイムというショー自体の重要性の訴求をもうちょいやってもよかったのかなと思いました。
すごく評価高くて、いろんな方に愛されてる作品とはわかってるのですが、

私には、響きが弱かった💦

期待値上げすぎたかなぁ、泣かせようとしてる感が否めない。

文化の違い、宗教の違いの摩擦の辛さは伝わりました。

親世代がキツく、子供に強要する世代やと、ほんと可哀想になりますね。

ごめんなさい、それくらいしか響かなかった💦
うめ

うめの感想・評価

3.0
副題の"優しい歌"というワードが、しっくりくる。
んご

んごの感想・評価

4.0
マレーシアが多民族国家とは知りながらも実際に映像で見てここまでなのか!と純粋に学びになった一本。

民族、文化、宗教が違うから生まれるコンフリクト。
共生の難しさをストレートに伝えながらも、タレンタイムという学校のタレントショーを通じて出会い、お互いを深く知り、和解する純粋な子どもたちを通じて多民族国家の明るい未来を感じさせる名作だと思う。
こんなによき人たちばかりでも分断は起こるんですね マレーシアのこと知りたくなった 
アメリカやヨーロッパで描かれるものとは違う、多民族国家マレーシアの多様性。

社会的で現代的なテーマを扱いながら
恋愛映画であり学園モノであり、家族の物語でもあり、そして何より素晴らしい音楽映画でもあるところが◯。


悲恋と喪失とそれを乗り越えようとする若者たち。

多言語、異文化、複数の宗教が入り混じる社会だからこそ、聴覚障害や手話での会話だったり、視線を交わすだけのノンバーバルな表現がキーとなるし、
セリフではなく音楽でエンパシーが表現されるラストシーンに心揺さぶられる。
みや

みやの感想・評価

4.0
きれいな映画
>|