血と骨の作品情報・感想・評価

「血と骨」に投稿された感想・評価

yama

yamaの感想・評価

4.2
凄い。
houjh13

houjh13の感想・評価

4.5
舞台は1930年代の大阪。ビートたけし演じる在日朝鮮人の金俊平は家族友人構わず暴力を繰り返し何人もの愛人を持つ野獣のような男。彼に振り回される周囲の人々の悲劇的な人生が描かれる作品。ビートたけしの鬼気迫る演技に引き込まれる。
genmomo

genmomoの感想・評価

2.5
昔の親父はみんな怖かった。
今こんな親父居たら捕まってるか殺されてるなって思う。
しかしながらこの時代にせよやりすぎ感が強い。悲愴感しか感じなかった。
北野映画常連のキャストに加え異色のキャストも豪華です!
ILLcapone

ILLcaponeの感想・評価

4.0
複雑な心情な描かれていた映画だなって思った。
Y胃

Y胃の感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

タイトルで観たいなが強く決めた。
このシンプルで強い「血と骨」って文字がどうも頭から離れられず
「でも・・・みたってあれだ。邦画特有のぼそぼそ喋って何言っているかわからないし、アミューズメント?っつーのがない、どうせ退屈だろう」と何年も何年も私は逃げて逃げてやっと決意し観た。

主人公は…特にいないようで一応ビートたけしの演じる父「金俊平」ただ、化け物のようや男を描いた映画でした。
この俊平が、自分勝手で暴力、暴力、暴力で人を支配します。すごすぎて極道からも畏れられた男。女性関係も恐ろしく盛んで、妻も無理やり結婚した挙句、たまに帰ってくればいきなりことを始めるような野蛮。(映画冒頭でいきなり妻を襲って息子が出来てしまいます。)妻以外にも何人の女性と関係を持ち、その女性が身ごもったりしてもおかまいなく抱いてまた子ができたり…
(高齢になっても子供作りまくる永久エロテロリストです)

なぜか腐った肉(蛆が湧いているようなやばい肉)を好んで食べたり…腹が立つと妻、娘息子たちに暴力で憂さ晴らしをします。とんでもないやつです。

最後はこの父親も老人になりひっそりと亡くなって終わるんですが…
観る前に思っていたのは少しあたりで、大きな派手さはない
が、この世界に飛んだら退屈ではなく怯える毎日だろうと思う。辛いことが多すぎる…

最終的に何か解決するわけでもない。調べたらこの作者の実父がモデルらしい。恐ろしい…でもこの狂気を描きたかった気持ちわからんでもない。伝えなきゃ逆に狂ってしまうだろうと思う(この当事者たちは)

相変わらず北野さんの演技は見事であり、他の役者陣も見事この狂気をリアルに演じていて感動した。
新井さん…本当に残念です。
あそこまで自然に映画に溶け込めるけど、なんか印象に残る人ってそうはいないのに…
途中出てくるオダギリジョーさんも色気がありました。
物語終始出てくる松重さんの役がこの映画の唯一の癒しでした。出てくるとホッとします。

この映画の宣伝予告で血は母に受け継ぎ、骨は父から受け継いだという言葉がありましたが…ナルホド…良いです。
マサキ

マサキの感想・評価

3.8
女性はまだ男の下だ、という時代でかつ在日朝鮮人。女性はとても辛い。必死に生きる女性の姿は、男よりも強いし男らしい。

役者陣の芝居が、素晴らしかった。
masa

masaの感想・評価

4.2
記録。
あごう

あごうの感想・評価

3.5
在日朝鮮人の方々が日本に来て一旗あげようともがいたこと、その中で立場の弱い女性や子どもは更にしんどい思いをしたのを知った、差別されて無理もないえげつない生活ととりまく環境。

国民性なのか、それとも俊平の性格なのかは定かではないけれど、ひたすら独裁的かつ暴力的なくそ親父だった。

ただ、そうするしかない状況だったのかなー、とも思える。

腐った肉?が強烈すぎて途中で観るのやめようかと思ったけどなんとか頑張ってみた。

俊平の口調の怖さには物足りなさを感じた、声かな、、。

オダギリジョーの色気と広島弁が100点でした。
>|