みゅうちょび

マイ・ブルーベリー・ナイツのみゅうちょびのレビュー・感想・評価

2.9
おっされ〜。

オープニングクレジットのブルーベリーパイがちょっとエグく見えてあんまり美味しそうじゃないσ^_^;

恋人に振られた女性ノラ・ジョーンズ演じるエリザベスが閉店後のカフェで残り物のブルーベリーパイを食べながらジュード・ロウ演じるカフェのオーナーのジェレミーと毎晩話をするが、恋人への未練を断ち切るためにある晩突然1人旅に出る。
別れた妻を忘れらず、毎晩閉店まで飲み続ける警官アーニーとその元妻。父から教わったポーカーで大損し、エリザベスに新車同様の自分のジャガーと引き換えに掛け金を借りようとする女ギャンブラー レズリー。其々が抱える心の痛みに触れることでエリザベスが自分を取り戻して行くという話。

折角のタイトルなのだから、もう少しブルーベリーパイの美味しそうなシーンが欲しかったなぁ。
いかにもウォン・カーワイな色彩の美しさとかおされな映像の数々。ひとが抱く物への愛着や物に込めた思いなど、人と人とを繋ぐ思い出の詰まった小物がなんとも愛おしくなる。

旅の話な割に、旅先の描写がバーやカジノだったりするので、文字通り数字で距離を表されない限り距離感がわからない。

だけど、なんとなく素敵でおされだからそれで良いって感じ〜。

美しい映像とオフビートな感じを楽しむ作品。
マジおされ。