チャンモグ

欲望のあいまいな対象のチャンモグのレビュー・感想・評価

欲望のあいまいな対象(1977年製作の映画)
3.8
最後のブニュエルの映画にも女に執着する爺さんが出てきて、また出たかと爺さんに気を取られていたらビックリ!!何か若い娘の感じがおかしいと思ったら、えー!!2人1役!?開始30分ぐらいまで気づかなかった!「フルハウス」のオルセン姉妹みたいな双子だからとかじゃなくて全くの別人が同じ役をやっているという驚愕の配役。娘の態度もジキルとハイドみたいにコロコロ変わるし、それに振り回される哀れな爺さん。ブニュエルらしいぶっ飛びな内容でした。