lilith

ゆれるのlilithのネタバレレビュー・内容・結末

ゆれる(2006年製作の映画)
4.8

このレビューはネタバレを含みます

お兄ちゃんは自由奔放な弟に嫉妬していて、

弟は出来のいい、誰からも信用されるお兄ちゃんに嫉妬している。

勿論、兄弟の仲が悪いわけではないので、敵意はない。

だけど、それが一番、残酷。


お互いが傷付けたくないのに、勝手に自分が傷付いて

許したいのに、お互いを許せなくて

感情でがんじがらめになってしまう。


結果的に殺人の罪を被ってしまうお兄ちゃんはどこかホッとしたような表情で、

今まで感じていた劣等感から解放されたような気がする。

弟も、お兄ちゃんが自分のことを考えてくれていたことに気付き、
刑務所に赴く。


ラストのお兄ちゃんの表情が一番、素直な一番リアルなお兄ちゃんだと思う。

バスに乗っても、乗らなくても、どっちでもいい。



邦画の中で一番か、二番くらいで好きな作品!!