ナオフェッサーX

ゆれるのナオフェッサーXのレビュー・感想・評価

ゆれる(2006年製作の映画)
4.0
表情や間合いを愉しみ、考える映画。

田舎暮らしの兄(香川照之)と上京してカメラマンとして成功した弟(オダギリ・ジョー)が、幼なじみの智恵子(真木よう子)と吊り橋へ。
色々あって事件なのか事故なのかと、心情がゆらゆらとゆれるストーリーです。
キャストも豪華!

絵に描いたように真面目な落ち着いた兄と、好き勝手なことするチャラ系の弟。
典型的な兄弟あるあるなんですが、兄の意外な一面を目にして更に気持ちがゆれていきます。

幼なじみの智恵子役の真木よう子さんですが、肌も少し荒れているし化粧も控えめでしたが、私の知る真木よう子さんの中で一番かわいく見えた真木よう子さんでした。
幸薄美人感がすんごい魅力。
そのかわいすぎる真木よう子さんが、私の細胞の一つ一つがあなたの事を拒絶していますと言わんばかりの形相で、兄役の香川照之さんを見るシーンがあるんですが、役者魂といいましょうか、とにかくリアルだなぁと思いました。
女性って男性の事を生理的に受け入れられなくなったら、まさにあんな顔になるあるあるですよ。

笑いたくないのに思わず笑みがこぼれてしまうような不思議な感覚を意識して感じられるような皆さんの名演技が素晴らしい。
見終わってからあれこれ考えたくなって、結局2回見てしまいました。
面白かったです。
存分にゆれました。