ヘアスプレーの作品情報・感想・評価

ヘアスプレー2007年製作の映画)

HAIRSPRAY

製作国:

上映時間:116分

3.9

あらすじ

「ヘアスプレー」に投稿された感想・評価

トラヴォルタの女装に興味をそそられ、差別が大きなテーマとは知らずに鑑賞。
重いテーマを扱いながらも、素晴らしい音楽とテンポよく進むストーリーが楽しい。
お気楽過ぎとは思いつつも、ラストは感動的。欲を言えば、トラヴォルタにもう少し踊ってもらいたかった。

ᴵᴹᴾᴿᴱ᥉᥉ᴵᴼᴺ ⁗
自分の体型を卑下しないのって素敵
私たちは美しいと歌う黒人もほんそれ
ザック若い可愛い可愛いが溢れてる



好きな映画の特徴を3つ言ってみる𓃟ﻌﻌﻌ♡
‣ トラボルタ似のママ
‣ ビーハイブヘア
‣ レースミュージック

わたしの処方箋𓃟ﻌﻌﻌ♡
差別に屈した過去の自分への戒めと慰みに

鑑賞回数:回目
とも

ともの感想・評価

4.5
とても楽しい映画。

ポップな音楽は見ているだけで明るい気分になれる。ダンスなんてしたこともないのに無性に踊りたくなるそんな映画。気分をあげたい時に何度でも観たい。

ミュージカル映画はそんなに観たことがなかったですがいいものですね。これからも挑戦しよう。
『グリーンブック』よりこっちの方がずっといいだろ。シーウィード達が歌ったり踊ったりするシーンで毎回泣いてしまった私もある意味で差別的なんだと思う。

渡辺直美主演の日本版舞台で黒人要素どうすんの?
ちょっとうざめなアメリカンミュージカル。ハイテンションで、ポップな音楽は聞いてて気持ちいい。
"ヘアスプレー(2007年製作の映画)
3.4
ジョン・トラボルタ(とクリストファー・ウォーケン)がサイコー。ところどころにその役柄イジりのセリフがあって遊びが楽しい。
かつてのサークルの夏合宿公演の演目候補に挙がった本作。登場人物も多いし楽しそう、と思ったけど人種問題は再現しにくいか。
「ちび」で「でぶ」(訳語まま)な白人主人公を据えることで、マジョリティでもマイノリティでもあることができ、差別をダンスで超えていけ!というメインテーマが自然に飲み込める。60年代ボルチモアという設定がよき
バリアーフリーというよりは、黒人対白人の越境。
近日公開というヘアスプレー舞台版ではこれをどう拡大するのか…?"
gorilla

gorillaの感想・評価

2.9
グッモーニンボルチモォア〜〜〜〜
トレーシー、誰よりも自分が太っていることを気にしすぎでは?そんなに気にしてるなら痩せればいいのに。と思っちゃう。
デモに参加して警察を殴っといて逮捕されそうになったら一目散に逃げるし。トレーシーとは友達になれなさそう。
anya

anyaの感想・評価

3.4
曲がいい。クリストファー・ウォーケンが演じるパパの好感度高い。ハッピーな雰囲気で人種差別に立ち向かう内容。悪役?ミシェル・ファイファーが輝いてた。
grm

grmの感想・評価

4.4
だいすき!!!最高
何回でもみれる♡♡♡
>|