デッドマン・ウォーキングの作品情報・感想・評価

「デッドマン・ウォーキング」に投稿された感想・評価

AI

AIの感想・評価

3.3
"人を殺すのはよくない。間違っている。それが俺でも、政府でも、誰でもだ。"
Shintaro

Shintaroの感想・評価

4.8
もうこれはオススメを聞かれたらまずいう最高の作品
どんな悪人であっても善の心は根底に必ずあると感じれる作品
M子

M子の感想・評価

3.9
デッドマンウォーキングって題名が、、、ウォーキングデッド思い出して勝手にゾンビ映画かと思ってしまった。全然違う内容だった😨
見終わった後、とにかく気持ちが沈んでしまいました。
加害者視点で描かれると感情移入してしまい、死刑を執行されるのが辛く見えてしまうけどやっぱり死刑相応の罪を犯した人間を許せない。被害者家族の事を考えると涙を流され許しを乞されても憎しみは絶対に変わらないと思った。
日央

日央の感想・評価

4.1
ショーン・ペンの悪役っぷり、死刑が近付くにつれ怯えていく様変わりが見事だった。

映画は死刑制度に反対の考えである。

アメリカでも死刑制度がある州ない州あり、世界的には死刑制度の無い国が多い。

有り無しを簡単には言えないが、この作品の台詞にあるように、人の死を人が決める事は間違ってるのかもしれない。

とは言え、凶悪な犯人が生きながらえてるとか、遺族の悲しみを考えると、、、

やっぱり答えは難しい。
Hikari

Hikariの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

長くて、冤罪ものでもなかったから、確かに最後まで見るのには忍耐力がいった。

決してマシューを正当化しない死の描写、
慰められながらの死も安らかなものではないと印象づける遺族の表情、終わり方がいい意味で衝撃的だった。
saayo0222

saayo0222の感想・評価

3.9
やたらはやった
mrc

mrcの感想・評価

-
どこかに救いと希望を求めてしまって
悲しい気持ちになった。
考えさせられる。
藍沢

藍沢の感想・評価

3.5
18/11/28
死刑が是とされる社会においても、人を殺すことは正当なのか。死はいずれ訪れるものであるが、人がいざなって良いのか。司法は常に平等か。

人の目を通してしか物は見られないから、完全な客観は存在しないし、平等なんて虚構だろうなと思わされる。

社会派の映画ではあるけど、こういう映画はセンセーショナルに描かれすぎる。とりあえず怖い音をやめてほしい。感情的な表現で人の行動を操ろうとする、これこそ平等に対する冒涜でしょう。
授業で少しだけ拝見
スーザンのえんぎがすげー
>|