だりあ

ツレがうつになりまして。のだりあのレビュー・感想・評価

ツレがうつになりまして。(2011年製作の映画)
3.6
社会問題の一つであるうつ病をテーマに
した堺雅人主演作。
堺雅人の力のない声が印象的。

病気を告白しても相手にされない、
今の社会を痛烈に描いているといえよう。
まだまだ世間的に正しく理解されていない
うつ病と、患者への接し方を伝えんとする
意図を感じる作品。
治りかけが危険、など身に染みる教訓に
溢れている。
人は生きている事を誇りに思う、
病気を通じてのメッセージに胸を打たれた。

「頑張らない」選択肢があってもいい。