ツレがうつになりまして。の作品情報・感想・評価

「ツレがうつになりまして。」に投稿された感想・評価

hsk

hskの感想・評価

-
明けない夜はない。曇り空でも、夜よりは明るい。まさかのハッピーなエンドで良かったな、できないさん。
RUI

RUIの感想・評価

-
鑑賞記録
脇本巧

脇本巧の感想・評価

3.0
可もなく不可もなく…
何も考えずに観れる感じかな。
宮崎あおいさんの油の乗った時期の作品
なので彼女好きには良いのかも。
以下、過去レビュー

旦那がウツになったときに、あんなに寛大にのんびりでいられるのかな…

もっとウツという病気に対して社会的な理解が必要だなー。

あおいちゃんの妻役は可愛かったし、堺さんの演技はやはり逸品!

意外にもチャラ男風な人の優しさに癒された
あ

あの感想・評価

5.0
何回見ても泣く。ワーカー視点でも、当事者視点でも、支援者視点でも、どこからみても何か得られる映画だと思う。
ツレと晴子は結婚5年目の夫婦。子供なし、イグアナのイグ一匹。真面目なツレの様子がおかしい。ある朝、死にたいとつぶやく。病院に行くとうつ病と診断される。

うつ病の私はだいぶ良くなったけど、私もそうだった分かるっていうのがたくさんあった。
薬飲んで操状態になったことはないけど。感情コントロールできなかったりもしたし世間から取り残された感もあったな。不眠症もあったし眠り続けたのもあった。心ない叔父に「昔はうつ病なんてなかった。お前は気持ちが甘いからなるんだ」とか言われたしな。
em

emの感想・評価

2.5
うつ病になった原因じゃなくて
うつ病になった意味は何か

そんな風に言ってくれる人が家族でよかった〜



ツレのことをツレって呼んでるのが寒すぎる
ゾワゾワ
>|