ぐみちょこ

プライドと偏見のぐみちょこのレビュー・感想・評価

プライドと偏見(2005年製作の映画)
3.5
女性に相続権がない時代・18世紀末のイギリスの田舎を舞台に男のプライドと女の偏見という壁を抱えた男女を描く恋愛ストーリー。
タイトルからもっとお堅い話かと思いきや意外と少女漫画チックな展開で勘違いから産まれた誤解にてんやわんやする次女エリザベスが主人公です。
そしてこの主人公を演じるのがキーラ・ナイトレイ。やっぱり可愛くて高貴な衣装がとても似合います。

引きのカットが所々出てきますが情景が美しくすごく締まる。建物だったり、インテリアだったり美術面や衣装がただただ高貴で綺麗で。

恋愛に自由がない時代だからこその美しさがあるわけで、そこに憧れを抱く人もいるのかな。常に周りの目を気にしないといけないのは(今も大して変わらないかもしれませんが...)面倒だな〜自由がいいな〜なんて思いつつ。
しかし今も昔も男女の恋愛の形自体はそう変わってないのかもしれませんね。
何度も映像化されて原作は有名な作品なんだそう。知らなかった...。