百草

転々の百草のレビュー・感想・評価

転々(2007年製作の映画)
3.5
ゆる〜だら〜。起伏がなく、淡々としてじんわりする、けど退屈しない。無為な感じでいて、観た後にほんのり心の温度が上がっているような。こういう邦画をずっと観ていたい。プロットに若干の陳腐さがあるのは否めないが、役者の魅力+オフビートな空気感+シュールな笑いでいい具合に中和されて、どこか飄々とした感じ、いいなあ。
わたしも散歩は嗜むけれど、それは街並みを楽しむためというよりも、より色濃い孤独感を味わえるからであって。だから、ふたりが孤独を共有するため、日曜日の最終バスに乗る気持ち、すんごくわかってしまう。