Fuckmylife

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人のFuckmylifeのレビュー・感想・評価

5.0
最近John Williamsの音楽にもハマっており、ファンタスティックビーストの続編が出るということもあいまって、アズカバンをもう一度見たくなった次第
なぜアズカバンなのかには深い理由がありまして
まずハリー・ポッターの面白い点はハリーやロン、ハーマイオニーがホグワーツで成長していく過程を段階的に撮っていることと、非現実的な魔法世界をコミカルに、視覚的にウィットに富んで伝えていること、J.K.Rowlingの世界観を拡張していることが挙げられると思う
本作のアズカバンでは、特に二番目
最初の風船おばさん、イカれたバス、boggart、ホグズミードなど
かといって、ただ馬鹿騒ぎしているだけではないのがハリー・ポッターシリーズのいいところでして
リーマスとシリウスというハリーの両親の親友とハリーが知り合い、自分が両親に愛されていたと、理解していく
一時期の如く、またハリー・ポッター病になりそうで怖いです
長文失礼