ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の作品情報・感想・評価 - 186ページ目

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人2004年製作の映画)

HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN

製作国:

上映時間:142分

3.8

「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」に投稿された感想・評価

ともみ

ともみの感想・評価

5.0
シリウスブラックすき。なんだかジーンとくるものがある。
スネイプ先生も、いい人だ。
esew

esewの感想・評価

3.0
1、2に比べて彩度を落としたローキー映像の薄暗さがかっこいい。CGも格段に品質が上がってる。小ネタのちりばめ方も飽きさせないし、監督誰かと思えばキュアロン様か。

クリス・コロンバス版の前2作がセット上での紙芝居レベルに感じてしまうほど、リアリティのつくり方やファンタジーの演出方法の手腕の差が歴然だった。

イギリスの小説で好きなのは、ルールがありつつそれを出し抜いて合法的に破る方法を肯定してるところ。ロードオブザリングもシェイクスピアのオセローも、そしてこのハリーポッター3作目にもそれがある。校長という大人の見本みたいな人物がそういうことを子供に促す。日本だとルールは絶対守るべきものという一面しか教えないからこういう文化の差に触れるととても面白い。
Rie

Rieの感想・評価

3.8
再観賞。

USJでハリーポッターのアトラクションに乗って、ディメンターに近づいたら、「エクスペクト・パトローーーナーーーム!!!」って叫ぶようにしてる。
あれめっちゃ怖い
ビバ

ビバの感想・評価

3.4
大きい鳥?の件で校長先生意外と薄情だなとか思ったが見終わったら納得しました。
なんで削ってしまったの…っていうシーンがいくつかあってそれだけ残念。あとドラコの髪型はオールバックのままがよかった。。。なぜ変えたし…
この辺からみんなガンガン成長してった気がする。
マルフォイがキノコになってた。
ほし

ほしの感想・評価

4.0
6.10 DVD
第三弾
ブラック好きだなぁ、、最後素敵だった。
ディメンター怖かった。
mabo

maboの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ハリーがイライラし始める作品。
アズカバンの看守のディメンターも急に出てきた。幸せな感情だけを吸うディメンター恐るべし。

ハリーの父親のジェームズの学生時代の親友ルーピン先生・シリウスブラック・ピーターペディグリュが出てくる。
スキャバーズがピーターだったのは気持ち悪くてショックだったな。
シリウスブラックがハリーに一緒に暮らしても良いんだよ的なことをはにかみながら言うのが可愛い。

忍びの地図便利だしおしゃれ。笑
「我ここに誓う 我よからぬ事を たくらむ者なり」
「いたずら終了」

マクゴナガル先生にもらった逆転時計で時間戻して授業に出まくってたり、ハグリッドが先生になるのもこの回。ヒッポグリフのバックビーク助かってよかった。

エクスペクトパトローナーーーム

マネ妖怪ボガードのやつに
リディクラス!
いまさらハリーポッター おもしろいね
ストーリーはだいぶ既視感あったけれど当時は先駆けだったんかな まぁロンがかわいいので良し良し

蛇足だけれど 金曜ロードショーのエマ→マルフォイ リアル片思い情報のおかげでたぶん2割増しくらいにドキドキして見ました
Jeeee

Jeeeeの感想・評価

3.9
シリーズの中で一番好き。
登場人物も増えながら、魔法も増える。
なにしろ、この作品以降だんだん暗くなってくから、、

本当、ハリポタって脇の俳優さんたちが素晴らしいと思います。

編集の仕方が好きじゃないけど、、