ボディ・ダブルの作品情報・感想・評価

「ボディ・ダブル」に投稿された感想・評価

殺害シーンがすごく新鮮...!
ポルノに出演してからがあからさまでうける
ヒチコックまがい。でも面白かった。
ゆぅま

ゆぅまの感想・評価

3.8
過去に鑑賞済み
2019.09.05 Amazon prime
『アメリカンサイコ』の主人公が愛好するフィルムが『ボディダブル』におけるドリル・シーンである。『めまい』における高所恐怖症を閉所恐怖症に置き換えて不能感を表現しているらしい。『裏窓』のようなシーンもある。ヒッチコックの後継者としてのブライアン・デ・パルマを楽しむならこの作品。

行き交う視線と、画面の立体的な層構造に注目するとよい。ストーリーは、面白いところ以外はどうでもよい。

ラストシーンの展開とエンドロールは、映画づくりへの愛が表現されており、ものすごく小粋でオシャレである。さすが。
りっく

りっくの感想・評価

4.0
主人公が隣の家を覗いているちょうどそのタイミングでちゃんと必要なことが起こるのか。また、本物の隣人の美女と替え玉のポルノ女優が家にいるタイミングをどのように切り替えていたのかなど、プロットに小さくない穴はあるが、妄念に囚われた男のファンタジーにも見えなくもなく、エロてんこ盛り+電動ドリルでの血まみれバイオレンスも忘れないデパルマ節全開の一作。

男の理想である隣人が美女で一晩中覗き見できる環境に、デパルマが大好きなヒッチコックのあんな場面やこんな場面を惜しげもなくオマージュという形で入れ込んだ、まさに夢の詰まった作品であり、それを惜しげもなく投入するデパルマの飾らない下世話さが本当に素晴らしいと思う。
Abby

Abbyの感想・評価

-
つまらないです( ̄0 ̄;)

トリックもあまり驚かず。でもドリルで殺すシーンは素晴らしいに尽きますヽ(・∀・)ノ

デ・パルマの変態さを存分に味わえ(味わいたいかな・・・)ます(  ̄▽ ̄)

やっぱり今は年齢が年齢だけに脂っけがない、という最近の作品の印象(/ー ̄;)
PANDADA

PANDADAの感想・評価

3.0
売れない俳優のジェイクは撮影中突如、閉所恐怖症になってしまい降板させられる。
家に帰ると恋人の浮気現場に遭遇してしまい、家を出る事になったジェイクに、俳優仲間のサムが自分の代わりに友人宅の留守番を頼むので、渡りに船とばかりに飛びつく。その家からは隣の家の美人が覗ける事を教えられたジェイクは早速彼女への覗きにハマるのだが、実はそれこそが罠だった、、、的なお話。

結構、BGMが良いんですよね。オープニングもだし、挿入歌としてフランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッドの「リラックス」が流れたり、結構好きですね。

主演のクレイグ・ワッソンも良いですよね。良い俳優です。
その他の俳優陣もメジャーではないものきっちりとした仕事を魅せてくれます。

ストーリーはサスペンスとしては上出来で、引き込まれますね。
ヒッチコック作品のオマージュらしいですが、そっちは未観です。

独特のカメラワークも個人的にはかなり好みです。

ラストもこれはこれでありだと思いますし、観て損はない秀作だと思います。
MR

MRの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

後半に詰め込んできた映画。

ボディダブルの本来の意味を知っていたので、少し内容をよめたのが残念。
最後の5分はそれの解説なのか?いらない気がします。

主人公が穴を覗きこんだ時のカメラワークが好き。
半分はヒッチコック先生のお陰で飯が食えている感じのデ・パルマ監督。

先生と差別化を図る意図があるのかないのか、私からすると付けなくてもよいのではないか?という色を付けてくるので損してると思われる作品の幾つかの一つ。

デ・パルマのインタビューを読んだ記憶が無いので真実を知らないのですが、作品の品を落としているのはわざとなのか?自然となのか?わざとならば理由は何なのか?
何かのついでにといった程度の興味ですが雑誌等に記事があったら読んでみたいものだと思います。

本作に安い映画のメガホンを取る男(デニス・フランツ)が出てきますが自分のボディダブルを出して来ているつもりなのでしょうか。
>|