タンポポの作品情報・感想・評価

「タンポポ」に投稿された感想・評価

ラーメン・ウエスタン。メインストーリーは「個性豊かな仲間たちの協力を得て、厳しい修行の末に見事、行列のできるラーメン屋を作る」という少年ジャンプ的な話だけど、それ以外のほとんど本筋とは関係のないサブストーリー(食縛りあり)も絶妙。
このサブストーリーの比率が高い構成が、なんとも不思議でおもしろい。
不必要にどぎついエロ描写はメインストーリーとのギャップもあってよい彩り。
TAKAHIRO

TAKAHIROの感想・評価

3.7
タンクローリーの運転手が、さびれたラーメン屋を経営している美しい未亡人に惹かれるまま、そのラーメン屋を町一番の店にするまでを、他に13の食べ物にまつわるエピソードを織り交ぜて描く。伊丹十三の脚本・監督による「ラーメンウエスタン」と称したコメディ映画。
misaki

misakiの感想・評価

4.1
これはラーメンウエスタンだ!
なるほど。雑誌の映画特集でよく目にするタンポポ。ずっと気になっていた…。こんなグルメラーメン映画だったとは。
始まりから、なんだこの始まり方?!
予想外にお腹が減って仕方なかったよ。ラーメンの食べ方、美味しいラーメン屋に詳しくなった気がします。人間は食べて生きていくんだなと、当たり前だけど、改めて思った。

🎬ランクC
歌代

歌代の感想・評価

3.8
食と性、ひいては生きること。
これに尽きる映画だと思いました。
tata

tataの感想・評価

4.8
ラーメンが食べたくなる!
rumina

ruminaの感想・評価

4.9
登場人物の純粋さと熱さが爆発してる。
ZZZ

ZZZの感想・評価

4.6
和洋中バラバラなのに、すごいバランスで整ったコースみたいな映画。
オープニングから、エンディングまで。本当に。
大満足、満腹。

エピソードごとに、
料理や食べ物のいろんな表情が見られて、自分が普段食べ物を十分に感じていない気がした。
スーパーの老婆が特に好み。もちろん白服も。
 
ところどころの軽快な不条理が三木聡ぽい。
ひまお

ひまおの感想・評価

4.6
 食事シーンも好き、調理シーンはもっと好きな映画。
朝日のライティングが納豆を照らす朝食、手早ラーメンをつくる修行、今際の際に家族のために作るチャーハンがお気に入りのシーン。
潰れかけのラーメン屋を立て直す話がメインではあるけど途中途中に食事に絡めた小話が唐突に挟まれてエンドロールは赤ん坊が母親の乳を飲むシーンで終わる。
ちょいちょい挟まれる官能パートの意味がエンドロールでなんとなく理解できる。
生きるとは食べること的なメッセージ。
手際のいい調理シーンが大好きだから食べるとは作ること。
>|