復活の日の作品情報・感想・評価

「復活の日」に投稿された感想・評価

終わり方に良くも悪くも映画らしさを感じた。
ジョージ・ケネディ
オリビア・ハッセー
ロバート・ボーン
ハリウッド映画か?
ノンノン、角川さんです
sally

sallyの感想・評価

3.0
実は、この「復活の日」見直して良かった。


公開当時は、中学2年生の夏だったと思う。確か新宿アカデミー劇場で見たんだと記憶しているけど、見終わって、当時は、「金返して」と思う程酷い出来だったと記憶していて、あの頃の角川映画では、「汚れた英雄」に並んで駄目作品と思っていた(可哀想ですが、どちらも草刈正雄さんが主演)「汚れた英雄」は、やはり、前回見た時も感想は変わりませんが、この「復活の日」ですが、見直して見ると、実は、前半は意外に、緊迫感が出てて良かったな、ウィルスが日本に萬栄して病院内がパニックになったり、ホワイトハウスの中でのやりとりなどなかなか面白かった。

強いて言うのなら、人類がほぼ全滅して、南極にいる者だけが、生き残り、これからどうしょうかと議論しているシーンなどは、ダレルかな・・・しかし、ラストの核兵器を止めにワシントンに向かうシーンや、核兵器を止められなかったところまでは、なかなか面白かった。

本作品、もう少し編集して短くすると良かったのかな・・・2時間位にまとめられたら評価はもっと良かったかもな・・・

多岐川裕美さんは、やはり綺麗だったな・・・今見ても当時の多岐川裕美さんは、今でも通用する程綺麗だった。

また、角川映画常連の夏木勲さん、千葉真一さん、渡瀬恒彦さん、活躍はあまりなかったけど、当時のまま出てくるので何か嬉しくなります。

ジョージ・ケネディも嬉しいな・・・・

意外かもしれませんが、つまらないと言う感想は今回で返上出来たかな、本作品は、見直して良かった。
isis2315

isis2315の感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

何回見てもミイラになってしまった軍人さんが印象的でしたね。
あと「生殖について」話しあうシーンがあってリアリティもちゃんとあんなって初めて見た時思った。
文芸坐の大画面大音量と、編集の素晴らしさで2時間半あっというま。ホワイトハウス内の核弾頭ボタンの卓を前にミイラになってるヘンリー・シルヴァ最高!
かつて、人類滅亡のイメージを欲しがってた時代がたしかにあった。いまや、実現しそうで実現しそうで
うちにDVDの二枚組ありますが、初めて劇場で観ました
久々観たら、笑い所満載でこんな映画だったっけ?って思う位、ツッコミ所満載でした。世界存亡の危機なのに全く緊迫感がない。アメリカのシーンなんてホワイトハウスの一室でグレンフォードとロバートヴォーンとヘンリーシルヴァがずっと戯れてるだけだし
とにかく長い作品なんで途中で眠くなりましたが、観てる途中にネタバレ満載な深作さんや木村大作さんのコメンタリーや渡瀬恒彦さんが編集でエライ事になってて爆笑必死な海外上映版が入ってるDVDを早く家に帰って観たくなりました!
そういう意味で良くも悪くも和物大作ですね。好きです、空気感は
夏に観ると南極の氷ばかりの画が涼しくて良いです。ボースヴェンソンがマンガに出てきそうないいヤツで好感が持てます
今から観ると色々と突っ込みどころはあるけど、1980年の知識と技術で作り上げたと思うと、かなり凄いとしか言えない。
CGも使わず、アナログな手法でここまで緊迫感のある作品を作り上げられるとは!

流石にソ連の名称とか、中国がないとかは時代を感じるけど、これ充分今でもリメイク可能じゃないかな?

誰もいない真っ暗な団地とか、街の風景とか、「どうやって撮ったのかな?協力のお願いとか大変だったのでは?」とか、物凄く知りたい!
yoon

yoonの感想・評価

4.2
この映画、凄い…
>|