シービスケットの作品情報・感想・評価

「シービスケット」に投稿された感想・評価

YUCHI

YUCHIの感想・評価

4.1
競馬映画と言うくくりではなく再起をかけた男達のドラマ
としても楽しめる。そしてレースの映像の迫力も凄い。
劇中に出てくるセリフの強さが際立っている。
何度も観たい作品と言うのはこのような作品を言うのかなと。
強味がハッキリしててとてもオススメでめちゃくちゃ力を貰える作品。
これはとても良い映画です。トビー・マグワイアの騎手、ジェフ・ブリッジスの馬主、クリス・クーパーの調教師、そしてウマのシービスケット。3人の男と馬がそれぞれ、人生の痛みや傷、敗北や挫折や孤独を抱えていて、そんな彼らが一丸になってシービスケットの奇跡を作っていく。その過程が、世界恐慌に打ちのめされた人々の立ち直りの過程に重ね合わされていく。
徹底的に負け組の側に立った映画。しかも殆ど実話という。
とりわけ、ジェフ・ブリッジスの演技に味わいがあって、何でもない台詞に泣かされてしまう。彼が息子を不慮の事故で亡くした後、気晴らしに誘われた競馬で「気分は晴れた?」「いいや…」この受け答えの表情が、もうそれだけで泣かせる。
「完璧で傷がない?何なんだよそれは!」自身成功者でありながら、強者に対してそう憤れるジェフ・ブリッジスの優しさが我々の強い共感を呼ぶのです。
shiori

shioriの感想・評価

2.6
結構途中だれてきた印象があります。 見ようと思ってるんだけど、飽きちゃうってゆうか。 でも、ちゃんと見たら感動もするし、 いい映画だと思います。
夢を叶えるって、何でしょう?
お金持ちになりたいって言って
お金持ちになっても、その後も
人生は続いていくし、
なりたかった職業に就いた人だって
数年後、その仕事を辞めたがることだってある。
逆に夢を叶えてしまうと、
その後の人生の楽しみや張り合いや
モチベーションがなくなってしまう。

僕が思うに、夢って場所ではなくって、
道だと思うんです。それもずっと続く道。
きっと終わりなんてないんです。

(シービスケット)です。当時、映画館で鑑賞。
これも映画館で観てもらいたい一作。

ダメな馬と、ダメな騎手と、ダメなオーナーと
ダメな調教師が出会い、人生を変えてゆく話です。
競走馬の話です。

一度、ビールとつまみを持って、すいている競馬場に
仲間とピクニック感覚で行ったことがあります。
楽しかった。オススメです。
空はどこまでも青く、芝は眩しいほど緑で、
駆け抜ける馬は、どこまでも力強く、美しい。

実話。
実話もので傑作と言えば(遠い空の向こうに)や
(しあわせの隠れ場所)だけど、彼らには家族がいた。
夢を応援してくれる仲間や家族がいた。
だけど、この作品の馬も騎手もオーナーも調教師も
物語のはじまりには、みんな孤独な者同士だった。
相手に自分の見たのか、相手に父親を見たのか、
相手に息子を見たのか。
世界恐慌の後、どん底にあったアメリカで、
一頭の馬と3人の男たちの全てをかけた
レースの数々に、全米が無視できなくなる。

夢を叶えるって何でしょうか?
この3人のソレはアメリカンドリームとは違う。
でも、胸を打つ。強く打つ。
もしかしたら、彼らが出会ったこと自体が
もう夢のような出来事なのかもしれない。
シゲ

シゲの感想・評価

3.3
観た理由
競馬好きだから
会社の映画プレゼン大会で優勝した作品だったので興味あり観てみた。
馬が走るシーンが迫力あり綺麗で見ごたえあった。馬好きにはたまらない映画だろうな。プレゼンターも馬好きだったし。
オーナー役のジェフ・ブリッジスて、リーアム・ニーソンニに似てる。
観てる間、ずっと勘違いしていた(^^;
観ると必ず最後のレースシーンで泣く。
馬群に揉まれ息を乱してズルズルと下がるシービスケットを見て、ゲイリースティーブンスが下がってきて自分の馬をシービスケットに併せる。調子どうよ?とトビーマグワイヤに声掛ける。シービスケットが息を整えはじめ、前の馬群を差しにかかる。
ベタベタだなと思いつつ泣く。

こういうのは美しいと思う。
スティーブンスはほんとに健気で、健気さこそが普遍美だと感じられる自分にとっては、まったく泣かざるをえない。
megさん

megさんの感想・評価

3.9
素敵だなと思ったところ
ハワーズの人格の大きさ。
ウィリアム・メイシーのラジオ中継の音作り。
そして、クリス・クーパーのいい役。

まだ西部にアメリカン・ドリームがあった良きアメリカを舞台にストレートに3人の男たちを描いている。誰が観ても心を打つと思う。

途中からレッドの活躍を実父が見に来てくれないかなと期待していたのだが、実話だしね、なかったのは残念。辛い別れ方だったし、再会してほしかった。

あと欧米の人がそれぞれもっている?愛読書。旅行なんかにも持って行ってる、ああいう愛読書を私も持ちたいと思った。
depon

deponの感想・評価

3.5
記録☆
>|