ゴジラ対メガロの作品情報・感想・評価

「ゴジラ対メガロ」に投稿された感想・評価

Kuuta

Kuutaの感想・評価

2.7
1973年公開の13作目。前作「ガイガン」以上に低予算、短期間で撮られた粗の多い作品。予算切れとなった映画終盤、怪獣たちは木以外何にもない荒野でどつきあいを続ける。

炎に囲まれて後ずさりするゴジラとジェットジャガーの図は、歴代作品の中でもトップクラスにアホらしくて好き。お前ら何を今さら炎にビビってるんだという。

レムリア大陸とムー大陸が実在したかの様にサラッと説明する兄貴(佐々木勝彦)に痺れる。久しぶりにストレートな反核テーマが入っているが、海底王国シートピアが核実験の被害を受け、人類への怒りからメガロを地上に派遣するというストーリーなのに、ゴジラがメガロを痛めつけて終わる投げっぱなしな脚本に脱力する(そもそも人類側は何故メガロが現れたのか分かってなかったのか。となると、なかなか皮肉な話な気もする)。

悪役とはいえ、シートピア2人の肉弾戦の弱さ、痛めつけられ方が酷い。人口の少ないシートピアの中では彼らは若手だったんだろう。慣れない地で体を張る姿に胸が熱くなる。科学が発展しているはずなのにロボット一つ作れない謎。海底文明なのに守り神は虫の姿で、得意技は火炎弾。うーむ。

「一点豪華主義」のダムの特撮はとても出来が良かった。自分で壊しといて水流に飲まれるメガロに笑う。他の都市破壊描写はことごとく他作品の流用だった。

ゴジラの目がくりくりしていてかわいい。戦い方は完全に2対2のプロレスで、怪獣たちが身振り手振りで悪役と善玉レスラーを演じている。怪獣映画というよりウルトラマンな感じ。

日常生活用に作られたはずのジェットジャガーが飛ぶ、自我を持つ、巨大化する。巨大化の理由を「彼の意志」でゴリ押すのにはびっくりだが、結構勇ましく活躍した後、無様なやられっぷりを見せている。色々と酷い映画だが、通しで見るとなんかいい奴だなジェットジャガー。子門真人のエンディング曲も含め、ゴジラ映画ではなく完全にジェットジャガーの映画だった。とても素面では見れないが、笑える珍作。55点。
655321

655321の感想・評価

3.0
まずパッケージの奴がメガロじゃないという衝撃。
どうみてもコイツがメガロだと思うよね。
こんなに目を吊り上げてニヤニヤしてるんだから悪い奴だと思うよね。
でもむしろ良い奴。
障害物を感知して勝手に避けてくれるロボット。ルンバみたいに部屋をウロウロしている。

大体ゴジラ映画のはずなのに全然ゴジラが出てこない。終盤も終盤になってようやく出てくる(本編が始まる前に顔見せはあるけど)。なんだったらゴジラより先に前作の敵ガイガンが出てくる。生きとったんかワレ!

もーとにかくツッコミどころが満載。
主人公のひとりは悪い奴(海底人)に追いかけられたら撒くために工事現場の小屋を車でブチ抜くし、トラックの運転手は悪い奴を崖から突き落とす。
怖いよぅ日本人。海底人もドン引きだよ。
アリューシャン列島の“アスカ島”で地下核実験が行われる
島を破壊するほどの衝撃は太平洋に広く伝わり、遥か南の“怪獣島”に住む怪獣“ゴジラ”もその衝撃を感じていた
その頃、弟の六郎と湖で遊んでいたロボット工学者の伊吹とその後輩、陣川は突如 巨大な地震に見舞われる
必死の思いで六郎を救助すると、彼らの目の前で地面に大きな地割れが起こり、水がすっかりと抜けて干上がってしまう
自宅兼研究所に帰った伊吹と六郎は、中に侵入していた見知らぬ2人の男に襲われてしまう
騒ぎを聞きつけた陣川によって2人の男を追い返すことに成功し、車で逃げた男達を追って陣川も車を走らせるが、まんまと逃げられてしまうのだった
荒らされた研究所を調べていた伊吹と六郎は、何も盗られていないことに首をかしげる
そこには唯一 赤い砂が残されており、それは陣川が男達ともみ合ううちに引きちぎった服のボタンと酷似しており、陣川はその正体を探りに地質学者に検査を要請する
それからしばらくして、その砂は海底3000kmにあるはずのもので、イースター島にも同様のものが見られることが判明し、伊吹の元へ報告に訪れる
一方 伊吹は、兼ねてより制作していた人型ロボット“ジェットジャガー”をついに完成させる
喜ぶ伊吹と陣川だったが、その様子は盗聴器によってあの男達にも聞かれていた
男達は外に遊びに出ていた六郎を人質に伊吹の研究所に押し入ると、中の2人を眠らせ捕虜にしてしまう
男達が任務の達成を報告した通信機の相手は、300万年前に地上から姿を消したレムリア大陸人の子孫が住む海底王国“シートピア”だった
シートピアは海底で平和に暮らしていたが、核実験の影響で大きな被害を受けていたのだ
復讐に燃えるシートピア司令アントニオは、地上への攻撃を宣言し守護神“メガロ”を目覚めさせる
更にシートピアはジェットジャガーをコントロールすると、メガロを案内させ大規模な地上攻撃を開始するのだった



ゴジラシリーズ13作目

荒野での戦いや過去フィルムの流用など、相変わらずの予算削減の中で作られた一作
その割にはSF志向も相変わらず

冒頭の核実験シーンから始まり、その被害を受けたシートピア人との戦いという、久々に反核をテーマに掲げた作品
といってもヒロイックなゴジラの活躍を描いた娯楽作品の面は強く、深いテーマ性があるわけではない
そも核実験の被害者でもあるゴジラとシートピア人が戦うというコンセプトから?マークは飛ぶ

新怪獣としてタイトルロールにもなっているメガロが登場
両手にドリルが付いた二足歩行のカブトムシという、本作にも登場するガイガンにも負けないインパクトあるビジュアルを誇る
またもう一体初登場なのが、人類側の味方であるロボット ジェットジャガー
リモートコントロールや音声入力で活動し、空は飛べるしお辞儀もできる
すごい
少しネタバレになるけど、巨大化して怪獣とも戦える
ただしコントロールもしていなければ、戦う機能も巨大化の機能もあるわけでもないという
え?こわ・・・
でもすごいウルトラマンみた(ry

前作に引き続き、怪獣タッグマッチが観られる本作
謎にプロレス感も増しておりコミカルで楽しい
ただストーリーや見せ場的には物足りなさを感じるのも事実で、シリーズで唯一観客動員数が100万人を割った作品でもある
既に説明で気付いているかもしれないけどツッコミどころも多く、そこそこユルい気持ちで観るべき映画である
世界よ、これは映画じゃない。

息子(8歳)と一緒に大爆笑しながら鑑賞。
これのタイトルは、ゴジラ対メガロじゃないんですよ。

「JET JAGUAR -the godzilla story-」

いろんな意味で全米が泣くであろう。

ジェットジャガーが、内臓された良心回路により、奇跡的に自我に目覚め、巨大化が可能になったっていう無茶苦茶な理論大好き。

※ちなみにエヴァンゲリオンに出てくるジェットアローンは、ジェットジャガー由来らしいですよ。
niikulion

niikulionの感想・評価

2.3
おまえらなんで火に囲まれただけで窮地に陥るねん
ゴジラ対メガロというよりか、ウルトラマン対アントラーにしか見えない一本。エンディングもジェットジャガーの歌やし。というよりポスター詐欺も甚だしい。こいつメガロやないからね、ジェットジャガーだからね。なんだか酷評の嵐だが個人的には人間パートも特撮パートも面白かったと思う。ただ前作からの問題点として、ラストの残尿感が凄まじい。恐らく続編を作りやすくするための処置だとは思うがやっぱり一作一作を大事にして欲しかった。あとゴジラがいくらなんでもヒーロー然としすぎとか、なのに終盤はいじめっ子の遊戯にしか見えないとかやっぱり言いたいことはある。でもいつからか安心して観れるようになっているゴジラシリーズに満足感しかないのである。どうしてゴジラに出てくる敵組織は変な服装ばっかりなのだろうか。
わた

わたの感想・評価

3.0
ゴジラの長距離ドロップキック。
ちなみに主役はジェットジャガー。
koga

kogaの感想・評価

3.9
かなりブッとんだ内容で楽しめました。
ゴジラでもメガロでもなく主人公はジェットジャガー!
ゴジラの顔が可愛くなった。

知らない間にジェットジャガーがガイガンに半身埋められたままいじめられてて笑った。
レッドアローン、ジェットジャガー 復活しないかなぁ~☺️
>|