リトル・プリンセス/小公女の作品情報・感想・評価・動画配信

「リトル・プリンセス/小公女」に投稿された感想・評価

牛

牛の感想・評価

-
小さい頃ずっと見てたから頭にこの記憶が刻み込まれてる。不思議な世界観だった気がする。
これを見るとあの頃の記憶がすごい蘇ってくる
aibaba

aibabaの感想・評価

4.2
正直めっちゃベタだけど、感動しちゃった。境遇が変化しても心を強く持っている人は何も変わらない。与えられた環境の中で楽しみを見つけ、そして強く生きていける。夢を想像したり語ったり出来る人はやはり魅力的だ。

『ROMA』ですっかりファンになってしまったアルフォンソ・キュアロン監督。『ROMA』と共通する部分は女中ベッキーの存在。彼女に対して分け隔てなく接するセーラ。立場が変わっても同じように接するし、だからこそ周りのみんなの対応も変わらない。

お気に入りのシーンは呪いをかける仕草をして部屋を出ていくところ。どんな時も、ユーモアを忘れない姿がとても魅力的。悲壮感が漂いそうなストーリーなのに、常に前向きで笑顔の絶えない姿に心が温まる。

学長を言い負かして泣かすシーンもスッキリする。強い!ベタでストレートな作品だけど最後の多幸感溢れるみんなの姿に涙が流れた。

キュアロン最高!あと学長の顔、クリムトの絵で見たことあるような顔だった。
電気羊

電気羊の感想・評価

3.3
ガキの頃、カルピス世界名作劇場で観てました。将校の娘である主人公セーラは、多額の寄付金とともに女子寄宿舎に預けられる。だが、父親が戦死し財産が国に没収されたとの報が舞い込む。一文無しとなったセーラは、寄宿舎の意地悪オーナーから召使としてこき使われることに。
今までお姫様として扱われてきたセーラだったが、身寄りもなく行き場所もない現状では屈辱に耐え忍ぶしかなかった。そんなセーラだったが友人たちに支えられなんとか日々の生活をこなしているうちに、父が戦死したのは誤報であったということが判明。無事、小公女の地位へと返り咲き幸せな人生を歩むのだった。めでたし、めでたし。
ois

oisの感想・評価

3.8
予想の斜め上をいく120%のハッピーエンド
ハープを奏でながらの朗読の授業いいな
隣のインド人と猿が最高
校長がちゃんと嫌なやつなのが良い
Mi

Miの感想・評価

3.5
小少女セーラの不幸な話からの大逆転ハッピーエンド。吹替で見た。大塚芳忠ボイス。満足です。
yui

yuiの感想・評価

-
バーネットの名作、小公女の映画版。
強さと優しさを兼ね揃えたセーラの人間性がとにかく素敵で、子供が生まれたら絶対観せたいって思った。
セーラはもちろん学園の他の女の子たちもみんな可愛くて癒されたし、みんなで協力してミンチン先生からペンダントを取り返すシーンは特にお気に入り。
心温まるストーリーも、緑で統一された建物や衣装のクラシカルな雰囲気も、全部どんぴしゃでした。
owan

owanの感想・評価

-



めっちゃ可愛い映画なのに何このポスターがホラーみたいじゃんwwww
マドレーヌと落下の王国思い出した
謎に“夢見るのは誰にも止められないわ...(キラキラキラ〜)”のシンデレラ思い出した(?)
クロ

クロの感想・評価

3.1
小公女セーラってよく聞いてたけど初めて内容を知った。
短いし平和にサクッと観れる!
今の綺麗な画質も良いけどこれ位の映像も味が有って良い!
Moeka

Moekaの感想・評価

3.9
これは、、子供の頃に見て育ちたかった、、、!!!
緑色の制服、お揃いのリボン、街並み、全部全部可愛かった💚🍏🌱👒🍀💚
セーラみたいな信じ続けることができて、間違ってることはちゃんと言えて、誰にでも優しくて、周りを楽しませることができる女の子になりたい、、👸🏻
そしてインドパワー最強ハッピー🐵💖💖

「女の子はみんなお姫様」
>|