4423

めぐり逢う大地の4423のレビュー・感想・評価

めぐり逢う大地(2000年製作の映画)
3.0
マイケル・ウィンターボトムが総製作費50億円をかけて手掛けた愛と償いの感動巨編。原作はイギリスの文豪トマス・ハーディの『カスターブリッジの市長』。原題のCLAIMは本来ならば、苦情・文句などの意味合いだが、この作品では金鉱の採掘権という意味でもあるとのこと。他にも請求権、要求権などの意味も。