紀子の食卓の作品情報・感想・評価

「紀子の食卓」に投稿された感想・評価

テレザ

テレザの感想・評価

3.9
改めて再見したけども、やはり最高である。
園子温の映画は、日記帳に書き殴られた一編の詩のようなものである。吐き捨てられた直感が、最も本質を突いている。そしてその直感を裏付ける確かな言語化能力と 映像は特有のセンスに満ち溢れている。だから彼の作品は悉く過剰でありながら、説得力の塊なのだ。つまりは芸術なのだ。
よくこんな脚本思いつくよなあ。
引き込まれるモノはあった
起きた

起きたの感想・評価

2.6
個人的に自殺サークルの方が面白かった。というか園子温の作品ではもっと大量の血を見たい
園子温監督のポエムと共に紡がれる、思春期の不安定な少女の心と

レンタル家族という偽装家族の役割の中で自分を見つけるカルト性がナチュラルかつ大胆に描かれている

しかし、これまで見てきた園子温監督の作品と比べると、残虐性には振り切れておらず、何かセーブされた印象を受けた

しかし、映画を見ている時の園子温監督の独特な世界観は心地よかった
s2

s2の感想・評価

2.5
父ちゃん幸せにしてあげてよ、頼むから
園監督の作品で一番好き。
湖土

湖土の感想・評価

2.5
吹石一恵さん
茉恭

茉恭の感想・評価

4.3
2度目、このころの園子温監督は本当に好き。
吹石一恵さんも吉高由里子さんも、今と顔かたちが全然違う。
本当に引き出し方が巧妙な監督だった。
脚本も幾重にもなった問いかけをされている気分になる。
静かなのに、隙がない。
狂気を狂気と扱わない見せ方、お見事です。
>|