デンデラの作品情報・感想・評価

「デンデラ」に投稿された感想・評価

yoruichi

yoruichiの感想・評価

2.8
随分前に 楢山節考からデンデラを観賞したはずなのに デンデラの半分くらいからラストまで どうだったか覚えてないので確認した。覚えていない理由が判明した。見せるとこは 見せないと。やることはやらないと。
マダムM

マダムMの感想・評価

2.8
最後はどーなったんだ~?

ほとんどの人がノーメークで頑張ってるのに、浅丘ルリ子と倍賞美津子だけ、メイク感が凄いのに違和感。
100歳スーパー婆さん率いる老婆軍団。対決するのは村ではなく雌熊。体力や言い回し、容貌など突っ込みたいところを無視すれば(盲目の老婆の老い方、話し方が唯一想像に近かった)彼女らの奮闘は面白かった。自然の中で生きるのは大変だよねぇ...。
myai

myaiの感想・評価

1.3
一体敵はなんだったんだ?
山に捨てられた老婆達が密かに共同団体を作り村を襲うという設定はなかなか面白い
最大の敵が結局なんだったのかブレたのが面白くなくなった原因の1つかなぁと思った。

村への復讐→クマの討伐へ目標が変わった時は、え?ってなったしクマに相当でんでら部隊がやられてしまって、もっとえ??ってなった。

なんかもっとワクワクさせる仕掛けが出来たんじゃないかと思う...。

最初は子グマを倒して喜んでるところに親グマ出没からの皆殺しとかの方が面白かったんじゃないかなぁ。

雪崩にリーダーやられちゃうし、もう、ついていけませんでした。
チ

チの感想・評価

3.3
面白くない訳じゃないけど、もっと面白くできたやん 小説はラストが最高やのに、浅丘ルリ子がきれいめにやってては?てなった
時代も場所も明らかでない東北っぽい寒村の奥地、70歳を迎えた老人はお山に捨てられる──しかし、実は姥捨山に捨てられた老婆の共同体「デンデラ」が存在し、今も息を潜めて復讐のときを待ちわびていたのだ!

一度は死を覚悟し、閉鎖的な村社会から解き放たれ自由になり、たくましい戦士のようでありながら小娘のごときやんちゃなバアさんばかりの生活は、現実性に乏しいファンタジーだが、たとえ老婆ばかりでそんな場所でも集まれば派閥ができトラブルもあり、喜怒哀楽や意思が燃え上がる。映像は彼女たちの輝きをつぶさに捉え謳いあげる。

とはいえ若干お話に難はあって、当初「ババアを山に捨てるような村社会はブッ潰そうぜ💢」という武闘派路線と穏健派路線の対立みたいなドラマが軸になるかと思いきや、村をブッ潰す前にクマ🐻が出てきてクマ退治がメインになり、その裏で雪崩☃が起きてデンデラのリーダーが死ぬだの、話が収拾つかなくなってしまった感はあるし、せっかくのバアさんたちの激しいババアクションも魅せ方がイマイチなので勿体無い感はあるが、やはり浅丘ルリ子や倍賞美津子、草笛光子のような高齢の大女優が画面所狭しとクマと格闘する映画は、『デンデラ』だけである。中韓あたりでリメイクされると良いかもしれないね……
taka

takaの感想・評価

3.6
「姥捨山には、続きがあったー」
日本ババア映画の原点にして頂点!99%ババアで画面構成されているのでブラックパンサーを観た時と同じ感動を味わいました…!しかも過酷な雪山が舞台!凄い…。あと中盤以降はババア達が熊と激闘を繰り広げるアクション映画に変貌しました。
最後の終わり方が中途半端だったのがちょっと残念…。
miyakkai

miyakkaiの感想・評価

4.1
めっちゃおもろいやんけ!
クマvsババアの死闘は、どっちも滅茶苦茶気合入ってるしどっちも負けんなってなった。
何コレ…激アツなんですけど…。
スポ根じゃん…
>|