チチカット・フォーリーズの作品情報・感想・評価

チチカット・フォーリーズ1967年製作の映画)

TITICUT FOLLIES

製作国:

上映時間:84分

4.3

「チチカット・フォーリーズ」に投稿された感想・評価

だいぶ昔に見たけど
まだありありと表情や動きが眼前に浮かぶ
すごい
職員がカミソリで収容者のヒゲを剃ってやりながら詰問するのは怖いぞ……口の端切れちゃってるし

収容者がほとんど皆裸にさせられてるのは矯正院側の過度の警戒、虐待だよなあ

手前にべらべらと何かをまくしたてるボルジア氏の横顔、中景に逆立ちした男の足先、 後景にうなだれる男、のショットなんか偶然撮ったにしては超グラフィックな感じで良い
糸くず

糸くずの感想・評価

3.7
〈フレデリック・ワイズマンの足跡 Part.3 フレデリック・ワイズマンのすべて〉
ysm

ysmの感想・評価

4.8
精神異常犯罪者の矯正施設の映画。ワイズマンのドキュメンタリーはその他と一線を画しているように思う。壁にとまった蠅の視点とはまさにその通り。どうやってあんな映像撮ってるんやろう……。患者はなにも分かってない人もいるかもしれないけど、看守も普通に患者を虐めたりしてるし(今は改善しましたっていうのが入るということは、悪いって分かってんだよね)。ラストの注の入れ方にニヤっとする。
頭が正常じゃない人ほど幸せそう。めっちゃいい笑顔するし、好き勝手喚くし、お風呂のお湯をシャンパンみたいって飲むし。テレビで歌う女の人の前で歌うおじいちゃんのシーンが一番心に残った。この矯正施設にいる人たちのかつての人生を感じた。
床ずれ

床ずれの感想・評価

4.5
お風呂の水をシャンパンのように飲むおじさんが可愛い。
『まぼろしの市街戦』みたいな生ぬるい似非精神病棟よりも、本物の精神病棟のほうが、強烈で不潔で非人道的だが、どこか楽しげでもあった。
蹂躙

蹂躙の感想・評価

3.9
時々詩的になる。テレビの女性と一緒に前後で歌ってるカットとか

思ってたほどやばくなかった。激昂していたドイツ人ぽい彼はそこまでおかしいと思わなかった。

働いてる人はほとんどめんどくさそうで、治そうというよりは、とりあえず閉じ込めておこうという感じ。発表会の司会みたいな人は良さそうな感じだったが、私には患者に近いようにみえた。(ナースが偏執症だって言ってたのは彼かな?定かではない)
鼻からチューブを突っ込み栄養を摂らせる場面と遺体に死化粧を施す場面(目にワタを詰め、ヒゲを剃り、遺体安置所まで運ぶ)のカットバックが印象的だったが、もしかしてあれは同一人物だったのだろうか…。きっとそうだ。自信ないが…。

支配側と被支配側の関係性が如実に見えてくる気がして、被支配側(患者側)にクロースアップされるとどうも ほら見てくださいという視点の強制に他ならない気がした。

処女作とあって他のワイズマン作品とは圧倒的に異なる点が1つあり、やはりそれはタイトルだろう。本来なら『精神病棟』とかそういうのになるべきところを、劇中演目のチチカット・フォーリーズにタイトルがなっているあたり、作為的なものを感じざるを得ないなと言った次第。本当にファーストカットだけでラストカットがどうなるか分かるしね。
うまる

うまるの感想・評価

3.8
チャゼルは初期ワイズマンのファンらしいけど、意外と「セッション」の極限クローズアップはここから来てたりするんだろうか。

生前と死後のカットバック。
エンディングの祝祭感。
yuka

yukaの感想・評価

-
ほぼ寝たり起きたりだったから採点不能だけど、鼻からチューブと死体のシーンだけはギンギンに起きてた
>|