Hero

ロッキー3のHeroのレビュー・感想・評価

ロッキー3(1982年製作の映画)
3.5
今作のテーマは“原点回帰”。
何か一つの世界で頂点を極めた人がトップを維持し続けるってすごくないですか?。普通、調子乗っちゃいますよね笑。そう、普通に調子乗っちゃったのが今作のロッキー。そこに現れる最強の挑戦者クラバー。富と名声を得てボクサーからタレントに成り下がったロッキー、ハングリー精神の塊でボクシングに賭けているクラバー。この対立構造が冒頭のダイジェスト映像や、両者のトレーニングシーンのクロスカッティングで巧みに描かれてる。ここでロッキーのダサさが目立つ。そして、チャンピオンを維持できた真の理由を知り、追い打ちをかけるように悲劇がロッキーを襲い、彼はどん底に叩き落される。そんな時に救いの手を差し伸べてくれたのが、かつての戦友アポロ。アポロいい奴、好き←ミーハー。そして単純に思ったのが、テクニック無視の体当たり戦法でよくアポロに勝って10回も防衛できたな笑。ていう根も葉もないことを言うな笑。まあ、これがあってアポロ師匠の登場があるわけやから、ここは我慢しよう。ミッキーにしろ、アポロにしろ、エイドリアンにしろ、ロッキーはとにかく周りの人たちに恵まれてる。そんな環境にありながらも弱音を吐きます。ここでも登場、ダサいロッキー。そこが人間臭くて良いところやん?って言われてもなぁ、ダサいよな笑。とかグダグダ文句言ってますけど、それを払拭してくれる(言いすぎた、誤魔化してくれる)エイドリアンの一喝。最高の奥さんやん!そこからの、ロッキーのテーマに乗せてのトレーニングシーン&ボクシングらしくなったロッキーVSクラバーの闘い。ラストシーンもいいわぁ〜!と終盤巻き返してきた。

でも、なんかスッキリしないんですよね。このレビューのように笑。

そんなこんなで4へと続く。
今夜はオールでロッキーナイト笑。