ロッキー3の作品情報・感想・評価

ロッキー31982年製作の映画)

ROCKY III

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ロッキー3」に投稿された感想・評価

Otun

Otunの感想・評価

4.1
連れ合いを、どこに出しても恥ずかしくないロッキー信者にし、劇場公開のクリード2を二人で観に行き、一緒にアドレナリン出しまくって観るんだぁい!とそんな画期的な事を夢見てロッキー1、2と私、昨年末から着実に彼女を洗脳してきました。

が、私達も立派な大人。
何かと多忙な年末から、年始のお仕事、忘年会からの新年会などの知人友人とのお付き合い、痴話喧嘩、etcetc、
思うように観進める事ができず、気づけばクリード2はいつの間にか劇場公開しておった。

待った。残すはロッキー3、4、5、ファイナル、そしてクリード1。こりゃ全く間に合わん!
が、ここで諦めたらそれこそイタリアの種馬ことロッキーバルボアに怒られそうなので、二人して歯を食いしばって観た今作。
「ロッキー3」。

アポロめ。アポロだわ。
ゴリゴリの仕上がった褐色の体に短いタンクトップ。その服、どこで売ってんだ。
ロッキーと二人、浜辺をダッシュし、歓喜し、抱き合う二人。
一瞬、ロッキーがエイドリアンからアポロに乗り換えたのかと見まごう。
そしてその、アポロの指導を経て、どん臭いインファイターだったロッキーが、モハメドアリやメイウェザーの様なアポロスタイルを獲得するボクサーとしての成長がおもしろい。

パート1、2がロッキーとエイドリアンの愛の物語だったのに対して、今作はロッキーとアポロの友情の物語。
今作があってこそのクリードシリーズだね。

ラスト。クリード1の中でも会話に出てくる、誰もいない中で行われるロッキーとアポロの二人だけのスパーリング。やはりエイドリアンからアポロに乗り換えたのかと今一度思う。

拳を通してわかり合う男と男。
何度観ても、よいラスト。
80s

80sの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

【最鑑賞】
どんどん綺麗になって行くエイドリアン。ハングリー精神を失いかけていたロッキーを最後に救ったのはやっぱりエイドリアンの言葉だった。夫婦の絆、アポロとの友情が確かな物となったこの作品、ファンとしては堪らないものがある。特に砂浜を走るシーン!最初は話にならない位ダメだったロッキーがどんどんアポロに追いつき、追い越した時の感動。このシーンあってのロッキー4。ロッキーを見い出し育てた恩人・ミッキー亡き後、シリーズファンとしてはロッキー3で終わっても良かったかに思えた本作。それでも観たくなる続編。この流れを踏まえた上で是非、ロッキー4も観て欲しい。
KENZO

KENZOの感想・評価

4.5
たまらん
PELE

PELEの感想・評価

3.7
ストーリーと練習シーンが良かった。
ハングリー精神は大事。
あと、そこが良いところでもあるんだけど、ロッキーのダメ男っぷりが相変わらずだった。
ただ試合のシーンがやっぱりリアリティーないんだよなあ。。。
1,2を凌ぐ好きさ。

絶望、トラウマ、恐怖。
なんとなくやる気はあるものの、いまいち踏ん張ることのできない感情がひしひしと伝わってきた。

エイドリアンとの浜辺のシーンが最高。
アポロとの友情が熱いのですき
スタローン、カラダ絞れてきたなぁ。
あいおぶざたいがー、いい曲だなぁ。

で、終わってしまった。
>|