ボーン・アイデンティティーの作品情報・感想・評価

ボーン・アイデンティティー2002年製作の映画)

THE BOURNE IDENTITY

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.7

「ボーン・アイデンティティー」に投稿された感想・評価

記憶をなくして自分が誰か全く分からなくなったとき、自分の顔写真付きでいろいろな名前入りの明らかに偽造のパスポートがたくさん出てきたとしたら、あなたはどうしますか?
          *
CIAの秘密工作訓練を受けたスペシャルな男(ジェイソン・ボーン=マット・デイモン)のサスペンス、アクション映画。のっけから記憶喪失状態で登場して、自分のしたミッションの謎=真実に迫っていく。結構入り込めてなかなか面白かったです。素人の女性マリーがよかった(彼女なしでは全然ストーリーは盛り上がらなかっただろう)。
          *
若く血気盛んな頃見たら、めっちゃ強いマット・ディモン、かっけーと思ったかもしれない。
          *
でもリアルタイムで見たとしても(2002年頃)、既に私はそんなに若くない計算になるから、そんな風に感じる機会はもともとなかったということですね。
pier

pierの感想・評価

3.8
ダグ・リーマンなのでやや軽め。
東

東の感想・評価

3.3
観る人を選ばないすごく良い映画。
金ローにはもってこいです。
戦闘シーンはもちろんの事「どうするの?」の疑問への解決策が心地よい。
面白い!泣ける!笑える!怖い!
ではない
良い映画。
海上を漂っていた所を助けられた記憶喪失の男が自分の体内に残されたスイス銀行の口座が書かれたメモだけを頼りに自分の正体を探っていく…

ジャンルとしてはスパイアクションモノだが、派手さはそんなに無く逃走劇がメインなのが特徴な気がする。記憶がないという圧倒的に不利な状況で生き延びる主人公がクールでした。

もともと続編を作るつもりだったからなのか、ストーリーに関しては結構アバウトで、本作ではイマイチ全貌が明かされないまま終わるのが微妙ではあるが、恐らく雰囲気とアクションを楽しむ映画なのでそこはご愛嬌。

マット・デイモンはかっこいいし、フランカ・ポテンテは可愛いので観ていて楽しかった。
さと子

さと子の感想・評価

3.7
ミッションのオチにドキドキ
これからは幸せな生活を送ってほしい
ゆうや

ゆうやの感想・評価

3.0
アクションがクール
>|