カポーティの作品情報・感想・評価

「カポーティ」に投稿された感想・評価

Hawkwind

Hawkwindの感想・評価

3.0
作家トルーマン・カポーティの生涯を描いたものではなく、代表作にして最後の長編『冷血』の執筆秘話。
カポーティというよりは、エルトン・ジョンにソックリなフィリップ・シーモア・ホフマンの静かなる熱演が光る。それにしても変な喋り方で、カポーティ本人も実際こんな風だったのだろうか。
映画では寝る時以外は終始眼鏡をかけているが、カポーティの写真を見ると眼鏡無しが殆どである。
執筆したのがノンフィクションであるために、色々な苦悩があったのは分かるが、やはり本当の「冷血」な人物はカポーティ自身だったかもしれない。
アルコールと薬物依存で苦しんだ晩年など、カポーティ本人の物語自体がドラマティックなので、いつか映画化が企画される事を期待したい。
ウサミ

ウサミの感想・評価

3.4
じっくりとした余韻のある映画だった。
トルーマン・カポーティの代表作「冷血」における彼の執筆活動を描いた作品。
カポーティと死刑囚ペリーの奇妙な友情関係が本作の核である。
カポーティの、作品の完成のためにペリーを利用して、そのあとは彼の死刑の執行を待っている自分と、ペリーを友人として救済してやりたいと思う自分との葛藤を描いており、フィリップシーモアホフマンの名演もあって静かな切なさが感じられた。

天才とは、自分の作品のために何でも利用できる究極のエゴイストなのかもしれない。しかし天才も人間なのである…
色々なことを考えさせられる映画だった。
白か黒かじゃない曖昧な人間関係を見れて満足。
信じきっているわけでもないけど、信じるものが他にないからすがってしまう囚人側の気持ちが辛い。カポーティも口が上手いし、善良そうな顔をしているから性質が悪いな。
カポーティも自分が一番大事ながらも、人との関係を欲しているようだった。その真意ははっきりとわからなかったけど、その歪みが人間らしいということなのかなとも思った。
KUMAGO

KUMAGOの感想・評価

3.4
フィリップシーモアホフマンが演じるカポーティイがとてもせつなく感じる。カスレ声でカポーティの心情がリアルに感じる。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.9
「奴には気をつけろ。100ドル持っていてもガムを盗む男だ」
ってセリフが良かった
MALPASO

MALPASOの感想・評価

4.0
ホフマンの名演と「冷血」の隠された真実に震えた。
きむら

きむらの感想・評価

3.6
冷血を読む前にみようとした映画。
skam

skamの感想・評価

-
「冷血」も見て見たい
>|