みんなのいえの作品情報・感想・評価

「みんなのいえ」に投稿された感想・評価

ちよめ

ちよめの感想・評価

3.4
デザイナーと棟梁はいつでも割れるものなのか…さらっと観られておもしろかった。日本ではまだ暫く尺貫法だろうなあ
迫

迫の感想・評価

3.4
楽しい

このレビューはネタバレを含みます

面白かった!とても分かりやすく丁寧に作ってあった。クリエイターのプライドはぶつかり合うもの。世代間もそう。お互い理解し合い、創り上げるのが作品。でも、家は本来施主の希望が一番大事にされるべき。この夫婦はあれで良かったのかなぁ。あんな20畳の和室(笑)クリエイターもプライド云々の前にクライアントの気持ちを優先しないとねー。妥協とかそういうのではなく。てっきりラストあたりでココリコ田中が「僕たちはこんな家が欲しいんじゃないんです!」って言って、あの2人が我に返るのかと思ってました。でもそういうことがテーマの作品ではなかったので、別にいいんですけどね。キャラも楽しく面白く観たし。
昔気質VS今流行
大事な買い物 家 大事な買い物故に色々なハプニングは付き物ですよね~

このレビューはネタバレを含みます

田中邦衛最高。砂糖、塩の入れすぎには大笑いしたし、最後の小便小僧とのカットは、幸せとは小便小僧がもたらすのでは無く、田中邦衛がもたらすものだと思った。
最後の娘にお礼される縁側のカットは小津映画の笠智衆と原節子になぞらえたくもあるが、それは野暮ってもんで。
吉村実子さんと野際陽子の姑の静と動の対比も面白かった。
ココリコ田中良かった。八木亜希子との夫婦はそういえば「有頂天ホテル」にも出てたな、と。
西田敏行が出てこない三谷映画はとても良いです。
神主の香取慎吾がクレジットにないのと、オフショットに入ってるさんまってどっかに出てた?
和解劇のお手本のような映画。
正反対の主義主張の二人が、近づいたり離れたりを繰り返しながらお互いを理解しあい、尊重し合うようにる。その過程に無理がない。
互いに主義主張が違うだけあって、それはお互いを補い合える可能性が隠れている。そこががっちり組み合えば相当なカタルシスが得られる。
棟梁側が本当に憎ったらしくて、でも気持ちは分からないでもなくて、その分和解した時ほっとするから、安心して憎まれ役は思い切り憎まれても大丈夫。
田中邦衛のねちっこい感じが面白いです。
ココリコの田中を役者にした作品。
ymk

ymkの感想・評価

3.5
記録
>|