P後輩

ラルジャンのP後輩のレビュー・感想・評価

ラルジャン(1983年製作の映画)
-
「雪だるま式」よりも、シンプルな「連鎖」によっての作劇のほうが、やっぱり興奮してしまう。それが喜劇でも、悲劇でも。

しかしパルム・ドールを獲ったのがブレッソンのこの遺作ではなく、そして『エル・スール』(エリセ)でも『ノスタルジア』(タルコフスキー)でもなく、まあ『カルメン』(サウラ)とか『キング・オブ・コメディ』(スコセッシ)とか『戦場のメリー・クリスマス』はないとしても、『楢山節考』だったというのは、まったく興奮できない「悲劇」だ。

@新文芸座(11/1/2015)35mm