イチロヲ

魔 デビルズ・オーメンのイチロヲのレビュー・感想・評価

魔 デビルズ・オーメン(1983年製作の映画)
4.0
薄幸な運命を背負わされた香港のキック・ボクサーが、仏教の秘術により生み出される怪異現象と熾烈な戦いを繰り広げる。「過剰演出のテンコ盛り」を堪能することができる、香港映画界が世界に誇るべきトンデモ映画。

能う限りの撮影技法をふんだんに盛り込んで、エキゾチックでカラフルな、混沌の映像世界を創り上げている。いわば、「なんだこりゃー!」の連続性を楽しむための作品。

「秘術の呪いを解くこと、ムエタイで弟の敵を討つこと」の2点が主人公の目的となっているのだが、この2つの物語が直接的につながることはない。「仏教の超能力合戦の他に、生身のムエタイ・アクションもやれば面白くなるんじゃない?」ぐらいの気持ちでやっているように感じられる。

仏教をモチーフにしていて、なおかつ寺院内部をサイケデリックな色合いで描いているのが、いちいちツボに入りまくる。バンコクやカトマンズの寺院でロケ撮影しているので、仏教や密教の美術が純粋に好きな人にもオススメできる。

ただ、グロテスクな描写が多いので苦手な人は要注意。アナログ感たっぷりのキッチュなグロが好きな人は迷わず観るべし。