ジジ

魔女の宅急便のジジのレビュー・感想・評価

魔女の宅急便(1989年製作の映画)
4.2
この作品で私が惹かれたのは、
キキが与えられたチャンスに迷わず飛び込んでいくところです。
それは13才の若さゆえ、子どもの純粋さゆえだと思います。心がまっすぐだから。大人にはきっとできない。

でもそのまっすぐさはときに危ない。だからジジがついてる。即決しがちなキキに「他の街をさがす?」とかわざわざ聞く。
そしてキキがトンボと出会い、ほのかな恋心や嫉妬を覚えて、『まっすぐなだけではいられない心』を知った。その成長を境にジジは言葉を話さなくなり、キキは魔法が使えなくなる。
[小さい頃は神様がいて不思議に夢を叶えてくれた
優しい気持ちで目覚めた朝は大人になっても奇跡は起こるよ]
私は、この映画でいう魔法は、まっすぐな心のときにだけ使える不思議なもの、なんだと思います。


最近何かにまっすぐになったかなぁ、なんて考えさせられました(笑)
受験勉強してても、「こんなことしてなんの役にたつんだろう」とか思ったりして。(思ったことある人多いんじゃないでしょうか?(笑))
何かを一生懸命頑張れるって素敵なことですね。
一生懸命なキキには、いろんな人が手を差し伸べてくれる、っていう、この世界の温かさの描写がまた、心に染みる。。