EnoTaka

魔女の宅急便のEnoTakaのレビュー・感想・評価

魔女の宅急便(1989年製作の映画)
4.1
いやー良かった。面白かった。多分初めての鑑賞。ずっと見たかったやつ。トトロとか千と千尋とは風景がガラッと変わって、ヨーロッパの綺麗な街並みだった。魔女かぁ、魔女って聞くとなんか悪いことたくらんでそうであんまいいイメージしないけど、今回の魔女は素敵だった笑。世界観が本当に素晴らしかった。あと音楽の「海の見える街」がとにかくめっちゃ好き。もしかしたらジブリ音楽の中で一番好きかも。あのメロディーが頭の中から離れない。久石譲は本当にすごすぎる。可愛らしくて微笑ましくてほっこりする素敵なお話。