魔女の宅急便の作品情報・感想・評価

魔女の宅急便1989年製作の映画)

KIKI'S DELIVERY SERVICE

上映日:1989年07月29日

製作国:

上映時間:112分

4.0

「魔女の宅急便」に投稿された感想・評価

nekoさん

nekoさんの感想・評価

4.5
最後の飛行船のエピソードは原作に無くて、宮崎さんが付け加えたんだって。やっぱり付け加えて正解!ハラハラドキドキしないとね。
balala

balalaの感想・評価

4.5
過去鑑賞記録
(DVD)
Genki

Genkiの感想・評価

3.8
キキの成長の物語。なるほど、実はジジの発していた言葉は初めからもともとキキの心の声を反映させたものだった、という見方ができるそうで。ジジが喋っていて欲しいなと思うファンタジックな夢はありますが、この説は面白い。少し『ビューティフル・マインド』を連想させます。スランプに陥ると同時に、劇中ではこれ以降きっぱりジジは喋らなくなる。一旦物事から距離を置き自己を見つめ直すことを強制されてはじめて、キキは他人との関わりを変えていく。大人になるには色んなことを割り切って生きていかないとなのかしら、と。
ウルスラの絵をみて既視感を覚えたのですが、スズキコージさんの絵に似ていませんか?? 小学校のころ図書館にあったスズキコージの絵本を全部読んだ覚えがあります。筆舌に尽くし難いですが絵に引力を感じるような気がして、ずっと見つめてしまいます。ウルスラとキキの声優同じなのすごい。

ユーミンの音楽が非常にあってる。
あととんぼはかっこいい。
渡邉

渡邉の感想・評価

-
久し振りにちゃんと観た

ジブリで暫定一番好きだけどやさしい世界にしんどくなる

ジジの効果音全部良い
とよ

とよの感想・評価

4.2
子供の頃、何度見返しただろうという映画。大人になって、また見返すと涙が溢れた。子供の頃には流さなかった涙。
飛べなくなったキキ。
彼女の葛藤や淋しさや強がり、それがとても人間らしくて共感できて温もりをもらえた。
ジブリで1番すき
結婚するならトンボ!
小さいころ本で繰り返し読んだ。大人になって、DVDも買った。疲れた時に見たくなる。ニシンのパイ、食べてみたい。
>|