星をかった日の作品情報・感想・評価

星をかった日2006年製作の映画)

製作国:

上映時間:16分

4.2

監督

「星をかった日」に投稿された感想・評価

ジブリ大好きな人は是非
三鷹の森ジブリ美術館行ってみて🥺
kojim

kojimの感想・評価

-
暗闇とか空とか青の作り方が最高
rio

rioの感想・評価

4.0
土星座だけの特別感があってまた見たいな〜
美術館の企画展は映画を塗る仕事だったからそれを見た後だとより映像の美しさに見惚れる!
sora

soraの感想・評価

4.6
ジブリ美術館の土星座にて
めっちゃよかったーー!ステキな作品!ジブリのいいところがいっぱい詰まってる作品。

映画を塗る仕事、の展示見た後だから、いつもより水の流れや草木の描写にも注目できて。
過去のような未来のような異世界のような世界観も好きで。
ストーリーもとにかく素敵。大好き。
声優さんたちも安定で。

ぜひもう一度みたい。。。
MoviePANDA

MoviePANDAの感想・評価

4.0
『 キ セ キ の 星 🌏 』

フィルマークスにおける宮崎駿監督作品で、平均スコアが一番高い作品はどの作品でしょうか...?

「これです🌟」

7年振りに行ってきました!
どこへ?
三鷹の森🌳ジブリ美術館です😃
鑑賞者数の桁という分母の違いは当然あれど、今回現状の“最高値”である宮崎作品”を観る事が出来ました!鑑賞スクリーンは、もちろん三鷹の森ジブリ美術館にある土星座です🎦

行ってきたのは先週の今頃、その日の最後の枠での入場。到着がホントギリギリになりまして...😅 なので、16時半頃入場し、16時40分の回で土星座へ。その為、真ん中の階段部分での鑑賞となったのですが、それがまた小学生の頃に地元の公会堂や体育館で映画を観た時の様な感覚で、何だか懐かしい気持ちになりました(’-’*)

それにしても...
始まった途端、スクリーンもしくは画面内に惹き込まれるこの宮崎マジックって、ホントなんなんでしょう?もう始まったその瞬間からホント夢中にさせられる。たった16分の作品ながら、得られるこの満足感は何ぞ?出てくる乗り物の煙の吹き出し方ひとつとっても、紛れもない宮崎印。さらに笑かしもし、そして、胸に去来するはせつなさよ(*´-`)

ちなみに、主人公ノナが暮らすその場所。そこがちょっとタトゥイーンぽい。だからなのかは“監督のみぞ知る”ですが、出てくる乗り物や都市なんかもちょっとスター・ウォーズぽかったりしてます。あぁもう、色々面白ぇなあホント。

キャストを紹介しますと、主人公ノナの声を中学生の時の神木君。農園の女主人ニーニャに鈴木京香。そして、謎の二人組の行商人のひとりスコッペロに若山弦蔵、もうひとり、いや一匹🐸メーキンソーに大泉洋ちゃん!ってか、スコッペロ紅の豚やん🐷 そんな具合で、声の競演だけで“ここだけ”でしか観られないのが、もったいないと思える作品。でも、家の奥さん曰く「ここでしか観れないからいいんだよ」と。

ここで、この作品にまつわる裏設定をひとつお話させていただきますと、何とこの作品『ハウルの動く城』の前日談らしいんですよ🤓 道理でノナの見た目、ハウルなわけだ!要はこの作品、少年時代のハウルと若かりし頃の荒れ地の魔女を描いたアナザーストーリーという事でもあるらしいのですが...
あとは、ぜひ三鷹の森の小さな映画館でお楽しみください🐼


“夜空を見上げれば”

夜空を見上げれば 銀色の雲が
静かな風と流れてゆくから 素敵
こんなにおだやかな 光に包まれて
愛する人のことだけを 考えていられたら
人はなぜ はてなくさまよい やがて傷つけあうの
言葉だけじゃ 解りあえないこともあるね
小さな夢が つばさ広げ 自由に
とびたつ日まで 時をこえて
誰かと愛しあえるなら
あなたはいつの日も そばにいてくれた
いついつまでも 変わらずに 寄り添っていられたら
人は皆心淋しくて 胸をふるわせるけど 涙なんて 星の彼方へ とんでしまえ
小さな夢よ 大きくなれ さすらい
疲れ果てても 迷わないで
誰かが君を愛してる

Song by. Yuko Hara
マナ

マナの感想・評価

-
60年なんてあっという間。
ジブリが大好きと再確認
Yoshmon

Yoshmonの感想・評価

4.1
2006年。

13年前の、
ハウルとポニョの間に生まれた宮崎駿監督の作品。

たったの16分のストーリーに、
メッセージが凝縮されてる。


ノナ「これから市場へ行ってきます」
ニーニャ「素敵ね」

謎の女性ニーニャが何度か口にした返しが、素敵。

星を育てるアイデアは見ていてとてもワクワクして、なんだかドラえもんを思い出す。


『時間』をテーマに扱ったストーリー。

時間に縛られ、追われる日常。
その『時間』を『時間局』という目に見える存在として表現して、そこから逃れて自由に生きる様子を示してる。

ミヒャエル・エンデ作『モモ』然り、
本質を捉えられる芸術家には時間を取り扱う人が多い気がする。


イバラードの世界観も久し振りに楽しめて良かった。

イバラードのDVDを実は持っているけれど、ジブリの作品(ストーリー)と融合してこそイバラードの世界観は完成すると思う。

あっという間の16分間。
この世界観がずっと続けば良いのにって思う一方、あえて見せないところに鑑賞者側の想像力に委ねる宮崎駿監督の意図も感じる。

僕の頭の中で続くストーリーをいつかお会いして、話してみたい。

宮崎駿監督にはこれからも、急がなくて良いからじっくりと時間をかけて宮崎駿監督にしか描けない世界観とストーリーを作り出してほしい。
mmn

mmnの感想・評価

-
三鷹の森ジブリ美術館で。
ジブリの水と、青の描写がすきだなぁ〜。
なんの情報もなく見たけどとても引き込まれた
大泉さんは大泉さんだった
>|