沈黙のテロリストの作品情報・感想・評価・動画配信 - 3ページ目

「沈黙のテロリスト」に投稿された感想・評価

TakayukiO

TakayukiOの感想・評価

3.0
何回もやってるねー(笑)

まだやってない沈黙の~やればいいのに(笑)

これは セガールとトムサイズモアのダブル主演だね~

セガール いつもの格闘シーンが本当にちょっとしかない(笑)

なので セガール大人しいです(笑)

デニスホッパーは爆弾 好きだね(笑)

これでも爆弾魔じゃん(笑)

しかも 女に裏切られる(笑)

たまには大人しいセガールもありか(笑)
pachico

pachicoの感想・評価

2.9
うーん。

セガールの沈黙シリーズにしては
アクションが少ない。

デニスホッパー!
もったいない使われかた。

トムサイズモアが主役?と
思うほどセガールより目立っているものの
中途半端。

悪者弱い。
伝説の爆弾犯に最強爆弾処理オヤジ セガールが立ち向かう‼︎

出演者はやたら豪華なんだけどやっぱりいつものセガールB級アクション映画。
出演者は豪華なんだけど、セガール映画のはずなのにいつものアクションがラスト数分しか見れなかったのが非常に残念だった。
そのかわりトム・サイズモアが刑事を熱演していたのでまぁ良かった。
全体的には普通の映画だった(笑)
Shuu

Shuuの感想・評価

1.0
スティーヴン・セガール主演のサスペンス・アクション。アルバート・ピュンが監督を務め、トム・サイズモア、デニス・ホッパーらが出演。

サンフランシスコ市警・爆発物処理班のグラスは、上院議員宅に仕掛けられた爆弾処理の指揮を執っていたが、敵のトラップに嵌(はま)り多数の犠牲者を出してしまう苦い経験を味わう。1年後、別の捜査で逮捕した謎の女性クレアを釈放するよう、彼女の一味であるテロリストのスワンから脅迫の電話が入る。彼女を釈放しなければ市街地での無差別爆弾テロを行うというのである。解決に乗り出したグラスだったが……… 。

従来の『沈黙の○○』シリーズとはかけ離れた作品でした。セガールが全然戦わないというのはある意味『本当の沈黙』でした。シリーズでも最低評価に値しそうな予感も否めません。個人的にはこの作品がシリーズのスピンオフやパロディーであってほしいと願うほどの作品でした。トム・サイズモアとデニス・ホッパーのキャスティングは無駄遣いとしか言いようがありません。
Congratulations. You've just made your first ticker.

爆弾解体のプロだから動かなくていい…そういうことなのか、セガールよ。トム・サイズモア演じるネトルズ刑事が大体のことはやってくれて、セガールは大股で歩いて警察署内を行ったり来たり。デニス・ホッパーとかNaSとか出てるのに、彼らも彼らで大した活躍しない。爆弾魔(集団)が敵役なのに、それらしい攻防がないのはもったいないけどセガール映画なら腕力で解決か?と思いきや、そうでもないという。
セガール映画が好きである。

エラそうで傍若無人な振る舞いと悪党に同情したくなるほど圧倒的な力で敵をいたぶるのを観ていると、自分まで強くなった様な気になりストレス発散になるからだ。

だがこの作品は最低であった。

3流Vシネ俳優に成り下がった現在でさえ“暇つぶし程度にはなるかな”レベルの作品は供給しているセガールだが、本作は黄金期を過ぎたとは言えどまだギリギリ需要はあったはずの2000年代初頭のモノとは思えないほどシドい。

しかもセガールの他にトム・サイズモア、デニス・ホッパー、ピーター・グリーンという名優怪優を起用しているのにキャラクターが全く生きていない(ギャラが安過ぎて手を抜いていた可能性は否定出来ない)

物語は「爆弾魔VS警察」の定番アクションだが、ビール片手にテキトーに書いたとしか思えない雑なストーリーである点は特筆に値する。
加えてトレードマークの「セガール拳」も「コルトM1911」も殆ど活躍する事なく終わるのだ。

あまりの酷さに監督の近況を調べたのだが、残念ながら本作以降に監督を務めた作品を見つける事は出来なかった。

合掌。
見終わった当時は、思ってた内容と遥かに違い、愕然とした記憶があります。笑
セガールが全然戦わない。これ目当てなのに。この時点で致命的。
デニス・ホッパーとトム・サイズモアの無駄遣い。
沈黙のテロリスト 鑑賞。

デニス・ホッパー トム・サイズモアとすごい俳優入れ込んだが沈黙のショボさ。

オヤジもまだ若い、でも頑張ってない。

昔の話だが911の加減もあってこの映画はなんだかケチがついてしまった作品、オヤジじゃなくてもこの作品は良かったと思う。合気道をはじめとする武術家やスピリチュアルな道をいくオヤジではなくただ爆弾触りが好きな役が多いだけで選ばれた感ある。

というわけで

デニス・ホッパーとトム・サイズモアの演技をぜひ楽しんでいただきたい。
腕時計を直すシーンでセガールが「自分で考えろ!私は教えない!自分でやってこそ初めて身につく!」と言うが、その精神は大事にしていきたいもんです。
つん

つんの感想・評価

2.9
まあまあ面白かったかな

爆弾処理大事なとこで投げやり(笑)