yamasan

陰日向に咲くのyamasanのレビュー・感想・評価

陰日向に咲く(2008年製作の映画)
3.0
嫁が岡田准一ファンで、DVDがレンタルされていたので鑑賞。
登場人物それぞれの出来事が同時進行していくストーリーで、バラバラな状況がラストに向けてシンクロしていきます。
構成がバベルや21gを彷彿させます。映画ならではの偶然が重なる展開は嫌いではありませんが、この作品ではそれぞれが中途半端な印象でした。とはいえ、観ている最中はそれなりに感情移入する事が出来て、涙する場面がありました。初恋の人との関係や家族、親子の関係など。
でも、こちらに書いている段階でもう既にあまり印象にありませんね。それなりに感動したな〜、とそれなりで終わりました。