deenity

陰日向に咲くのdeenityのレビュー・感想・評価

陰日向に咲く(2008年製作の映画)
3.4
名前は聞いたことあるな、と思っていたら劇団ひとり原作の小説だったんですね。群像劇で薄れがちの一つ一つのエピソードが本作はとても味があっていいですね。ギャンブル好きの岡田准一、母の相方を探す宮崎あおい、アイドルオタクの塚本高史、モーゼ西田敏行(笑)、等々全てのエピソードが大切にされている感じがしてよかったです。
しかし群像劇のわりにはテーマがバラバラというか統一性がないというか。その辺のブレがにじみ出ていて、せっかくのよかったエピソードがもったいない。

ま、あとは有名所の俳優さんが多いのでその辺は楽しみ所。三浦友和が個人的に好きだけど本作の宮崎あおいはべらぼうにかわいいですね。特に母親役。キラキラしてます。それに引き換え西田さんは相変わらずの演技が…うん…(笑)