ステイン・アライブの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

「ステイン・アライブ」に投稿された感想・評価

ディスコを舞台に当時の若者の風俗文化やアメリカの格差社会などの社会風刺も取り入れた青春映画が、シルベスター・スタローンの手によってブロードウェイを目指すダンス映画に生まれ変わった!という何が何だかわからない続編もの。潔い方向転換っぷりで、スタローンの好みとも言えるサントラ重視のアクション映画みたいなノリの演出は最高。前作から引き続きビー・ジーズの楽曲も使用されるが、スライの弟フランク・スタローンの楽曲が多用されてるのも斬新(ちゃっかり出演もしとるしw)。その楽曲を手掛けたのはフランク本人と『ロッキー4』のスコア担当ヴィンス・ディ・コーラ。グッと盛り上がるキラーチューン『ファー・フロム・オーバー』はオープニングとここぞ!というシーンで魅力爆発。なんかサントラのレビューみたいになったけど、内容なんて無いようなサントラ映画だからこれでいいのだ。
2018.10.23.
スカパー シネフィルWOWOW(吹替え
naokit

naokitの感想・評価

2.8
何故か、ずーっと歌詞付きの曲が休み無く流れてました。しかも、ほとんどフランク・スタローン…ここまであからさまな身内びいきだと気持ちいいです、スタローン演出。

それからトニー…前作ラストでの反省が、全く活かされていない性格には笑ってしまいましたよ。
サタデーナイトフィーバーの続編。トラボルタ演じるトニーがブルックリンから出てマンハッタンで苦労しながらブロードウェイの舞台に立つことを目指すスポ根ダンス映画。前作のような街の風俗を感じさせる要素はなくなり、ひたすら音楽が鳴り、肉体が躍動する肉肉しい構成。トニーの女へのしつこさが引くレベルだが、少し初期のロッキーぽいと思ったり。イタリア系のアタックはあれが王道なのだろうか。クライマックスのダンスショーの悪趣味には苦笑い。ラストの止め絵は中央がサントリーのミドリ・リキュール、右にPanasonic、左にAIWAのネオンが輝く。
2018.10.21 シネフィルWOWOW(録画)(字幕)

このレビューはネタバレを含みます

とりあえずジョントラボルタの身体が最高
筋肉がステキすぎる最高

ダンスシーンも良かったな
最後のところでは一緒に跳べっ!!って叫んでた

話単純なクセに
途中何角関係やねんみたいになったけど
最終的にはジャッキーが選ばれてよかったよかった
ローラは美人だけど性格的にちょっと好きになれんかったので
ので当時は酷評されたらしいけども
個人的には終わり方はよかったと思う

あとお母ちゃんのキャラが好き

サタデーナイトフィーバーの続編なのを知らなかったので観ないとな
akrutm

akrutmの感想・評価

4.3
シネフィルWOWOWでサタデー・ナイト・フィーバーに続けてやっていたので、観賞。サタデー・ナイト・フィーバーに比べて、ストーリー自体に深みがなく陳腐になってしまったのは残念(上映当時はかなりネガティブな反応が多かったようです)だけれど、その分、女性が魅力的になったので、個人的には好き。特にジャッキー役のシンシア・ローズの表情が何とも言えません。ダンスシーンも本作のほうがいい。これが、ブルックリンとマンハッタンの違いなのだろうか。
何の前説明もなしに見て劇中のシルヴェスタースタローンに気付いてちょっとテンション上がった。
トップ役の女の人が個人的に浜崎あゆみと被った。周りを見下しながら身近なダンサーに手をつける…。
芸術的?なダンスシーンが多く、興味がないため流し見。
ただ、主人公が本当に愛してくれてる相手を選んでくれて良かった。
USK

USKの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

サタデーナイトフィーバーの続編とは思えない程、主人公が全くの別人で借りた事を後悔していたら、ラストシーンが最高過ぎて鳥肌立った。
完成度とか一本のカリスマ性は前作の方が高いかもしれないけどコッチもコッチで好き。てか繋げて一本のめちゃ長い映画として発表した方が締まりはよかったんじゃねぇかな

っていうのもラストがクソカッケェから「もうなんかええわ 好き!」ってなるんだわ

あとダンスに取り組む姿勢とか前作より好感が持てる
nikoraaas

nikoraaasの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

エンディング曲は聴いたことがあって印象的。内容はよくある恋愛とサクセスストーリー。ジョントラボルタが細いw
トラボルタのダンス最高!俳優じゃなくてダンサーでもやっていけそう。トラボルタがこんなに頑張ってる姿を観たのは初めてで感動しました。後半20分ぐらいが面白かった。終わり方が最高だと思う。