门田启

非情の罠の门田启のレビュー・感想・評価

非情の罠(1955年製作の映画)
-
やはり画面に引っ張られるあまり締まりがない構成に陥っているのが痛い。ラストのマネキン部屋での決闘はロージー的なキモさがあって好き…なのだがボクサーが拳闘で決着つけないってどーゆーことよ⁉︎