非情の罠の作品情報・感想・評価 - 6ページ目

「非情の罠」に投稿された感想・評価

kirito

kiritoの感想・評価

3.2
【待ち人は現れるのか】

駅で待つ男は、ここまで起きた事件を振り返る。
その時、汽笛がなって…

キューブリックの初期の方の作品。

ボクサーの主人公は隣のアパートの美女に恋をする。
ある日、女の悲鳴が聞こえて…


なんてことないサスペンスなんですが、
◆汽車を待つシーンから始まり、そこに戻ってくる
◆悲鳴と汽笛を合わせて表現する
等既に、随所にセンスが光ってます。


何と言っても見所はマネキンの部屋。
ときより揺れるマネキンの手が非常にシュール。

67分と短く、不必要な部分は一切カットした映画。

※ジャケットのシーンは見ればわかります。

2016.6.3
二兵

二兵の感想・評価

3.4
キューブリックが監督・脚本・撮影・製作・編集をすべてこなしたフィルム・ノワール。

後のキューブリック作品に見られる、あのハッとさせられるようなショットは、この時点では余り無い。この後の『現金に体を張れ』の方が好きかな。

マネキン工場で戦うボクサーというのは、今見てもなかなか新鮮(笑)。
YuukiImazu

YuukiImazuの感想・評価

3.2
あるボクサーと向かいに住む美女をメインに展開。フィルム・ノワール、ってなところかな。

内容は正直オモロない。ただ、キューブリック監督の素晴らしい画のセンスに魅了され、そのおかげで楽しめた。多角度から捉えた白熱のボクシング映像、当時のNYの空気感を封じ込めた映像もぐっちょでしたね。

クライマックスはマネキン倉庫での決闘。ボクサーという設定なら、己の拳で敵をぶちのめしてくれりゃあいいのに、なぜ武器を持って戦うんだ。あと、回想に入る直前のエフェクトが単調過ぎて退屈なりよ。
maipop

maipopの感想・評価

3.1
当時はすごかったんだろうけど今見ると陳腐に見える。キューブリックファンでもない限り。
noroyu

noroyuの感想・評価

4.0
ボクサーである主人公は、アパートの向かいに住む女がマフィアのボスに暴力振るわれているのを見つけ、助ける。
ボクサーとしては上手くいかなかった主人公は、叔父が待つ田舎へと、女を連れて一緒に帰ろうとする。
しかし、マフィアたちは主人公のトレーナーを殺してしまい、女も連れ去ってしまった。
そして主人公はマフィアに立ち向かってくことに...

とお話しの方はかなりシンプル。

しかしいちいちショットがかっけーんだよな。
倉庫街の追いかけっことかめっちゃアガったわ。

あと、この時代にここまでのアクションやったのってやっぱりかなり斬新だったんではないかな。ラストのマネキンファイトなんかは特に。
50年代の暴力描写って基本的に明らかに当たってなかったり、倒れ方とかショボかったりするけど、これは思いっきり振りかぶって、たまに当たってるやつあるもんね笑。そこはやっぱり低予算ならではというか、スタジオで作ったもんにはないもんがあるわな。
morine

morineの感想・評価

-
斧vsマネキンっておかしくないか?(笑)
キューブリックがやると、流石キューブリック、この頃から突出して発想がすごい!
ってなるのかなぁ(笑)
ic

icの感想・評価

3.5
ボクシング中のカメラワークやところどころの面白い視点だった。
ycagwyw

ycagwywの感想・評価

4.5
ノワール特有の陰影やスマートな語り口と、インディーライクなみずみずしさとがあって、かっこいいから、大好きな映画。
tomoco

tomocoの感想・評価

3.4
スタンリー・キューブリックのかなり昔の作品。

向かいのアパートに住んでいた娼婦に恋をしたボクサーvs娼婦を普段かわいがっているギャング。
ストーリー的にはあまり惹かれなかったけど、カメラワークや音楽のセンスはこの頃の映画から感じられる。
中でも叫び声と列車の汽笛を組み合わせた効果音がすごい!
普通考えないでしょ(笑。
いちばんの見所は、マネキン工場の乱闘シーンかな。
Saki

Sakiの感想・評価

3.5
ストーリーは至ってシンプルで、別にキューブリックがやらなくても良かったような気はするけど、監督、脚本、撮影、編集、製作と1人5役こなしてるってところがポイントです。
自主映画っぽいですが、5役やっただけあって細かな演出は彼のやりたかったことが明確だったように思えます。

特にラストの決闘シーンなんて、わざわざマネキンのたくさんある倉庫じゃなくても良いわけだし、銃もある時代なんだから古典的な斧とヤリみたいな武器じゃなくても良いわけです。
ましてやボクサーなんですから素手でボコボコにだってできたでしょう?
でもあの場所、道具、演出を選んだところにセンスを感じた。
これから彼が時計じかけ、2001年、アイズワイドなどのディープな世界観を撮っていく出発点なんですよね。

場面の移り変わりも洗練されてて、「ギャー」という悲鳴が汽笛に変わるところに感動。

p.s.キューブリックこれにて制覇!あとは韓国でやってるキューブリック展行くだけ!