ロボロッタ

白鯨のロボロッタのレビュー・感想・評価

白鯨(1956年製作の映画)
3.3
ほげ〜〜〜〜〜〜

↑観る前からこれを1行目に書く気マンマンでした。すみません。
船長/艦長、船が付くモノ全てに影響を与えたと断言出来るほどの強いイメージを持ったエイハブ船長。そのカリスマをほぼブラックジャックな風貌のグレゴリー•ペック(いや逆か、ブラックジャックがエイハブ船長を基にした?)が演じる。盲目的にモビーディック(白鯨)に取り憑かれたその姿、言動はやはり船モノの作品に何かしらは影響を与えているのが良くわかる。
吹替えでの鑑賞だったが、城達也氏の声がカリスマ性たっぷりでぐいぐい引き込まれる素晴らしい吹替え版だった。