さよなら、さよならハリウッドの作品情報・感想・評価

「さよなら、さよならハリウッド」に投稿された感想・評価

posei

poseiの感想・評価

3.4
全体の流れと細かなストーリーテリングが他の作品と比べるといまいち噛み合っていなかったと思う。アイデアが先走っているような。
それでもラストはいつも通りのノリで安定の面白さだし、駄作では決して無いと思う
tori

toriの感想・評価

3.5
フランス映画に対する皮肉を込めたラスト
にけ

にけの感想・評価

3.5
アレンの中でも、面白く明るいコメディ。
もやし

もやしの感想・評価

4.5
ウディ・アレン監督作品。


過去にオスカーを2回取った名監督だが、あまりにこだわりが強く、現場の評判が悪いため、いつの間にか大きな仕事が来なくなっていた主人公。
だが元妻が手掛ける大規模作品に元妻が主人公を強く推したため、監督に抜擢される。

しかし、ストレスで主人公は何と心因性の失明をしてしまう。



ウディ・アレンの軽妙はトークのおかげで失明してるのにシリアスな感じは全然ない笑
相変わらず明け透けなトークに笑ってしまう笑


元妻の魅力で成り立ってる映画かな。



目が見えずに撮った映画ということで、出来は当然悪く、本国では酷評される。
しかし、何故かフランスでは高評価。

これってすごい皮肉だよね笑
つまりフランスの批評家はただの芸術家気取りで、本質が全く見えていないということになる。
いわゆる芸術映画なんてものはそういうもんだというウディ・アレンのメッセージなんだろうか…笑


そしてこの映画自体もアメリカでは低評価、ヨーロッパでは受けたってんだからすごい笑
Lily

Lilyの感想・評価

3.7
ウディアレンの世界観好きすぎる
考えとんこととか人生観が映画につまってて最高

『世の中の夫はしばらく失明するべきだ』

とかそんなセリフ思いつく!?
すごいなぁ
dodo

dodoの感想・評価

4.0
ウディアレンのドタバタはすきだけど、旦那様にはしたくない(笑)よい意味で(笑)
屁理屈と、偏屈王!
映画監督が、映画監督役が、愉快
犬

犬の感想・評価

3.4
体型

落ち目の映画監督が再起のチャンスの中で起こす騒動を描いたコメディ

舞台裏が楽しいです

あんなことやこんなこと

会話劇
相変わらずコミカルに描かれてます

甘い世界ではないことは確か

ネタがクスッと笑えた
oka

okaの感想・評価

3.9
「僕は優秀な人材を集めて雇うだけ。指示は出さず各自の裁量に任せる。みんな素晴らしい才能の持ち主なんだから」特典のウディアレンのインタビューより。かつてジョンカサヴェテスも同じ様な話をしていた。彼らは演技をし過ぎるより自然体で振る舞う事を望んでいるのだろう。自分を解き放った役者陣の“演技”にも注目したい作品。
てつや

てつやの感想・評価

3.0
落ち目の映画監督が一発逆転のチャンスともいえる大作映画の監督に抜擢されるが、予想外のトラブルが起きて…
皮肉とユーモアに富んだウディアレンらしい作品です。
予定がなくて心に余裕のある時の休日に、ソファでぐったりとしながら観たい作品です。
>|